パニック障害 眠れない

パニック障害を薬を使わないで治療する一番の方法!


パニック障害、夜眠れない

パニック障害を患っていると、夜が眠れないというケースも少なくありません。

 

動悸が原因で眠れなかったり、夜になると不安になり体は疲れているのに寝ることができないようです。

 

パニック発作は何回か繰り返すようになると、『また発作が起こるのではないか』という予期不安が強くなり、その不安感から発作が起こりやすくなります。

 

以前睡眠中に突然、動悸、息苦しい、呼吸が苦しいなどの激しい発作に襲われると、

 

また寝ている時に発作が起こるのではないかという不安や恐怖から眠れなくなってしまったというケースもあります。

 

そして家族が寝てしまい、もし発作が起こった時にどう対処したらいいのかという不安感から眠る時に恐怖を覚えてしまうようです。

 

スッキリと眠れない日が続くと「今日も眠れなかったらどうしよう」という強い不安感から焦り、緊張感が高まり、パニック状態に陥りやすくなります。

 

眠れないことにストレスや不安を感じてしまうと、ますます眠れなくなるといった悪循環を招きやすいです。

 

眠れないことで疲労もどんどん蓄積されていきます。

 

不眠の症状を克服するにはやはり病院でパニック障害の治療を受ける必要があります。

 

夜眠れないなどの症状には睡眠導入剤、安定剤などの薬が処方されますが、薬物療法に加えカウンセリングなどを取り入れて心をケアしていく必要があります。

 

なぜ眠れなくなっているのかという根本的な原因を取り除いていかないと、なかなか症状の改善効果はみられません。

 

また夜ぐっすり眠れるように、、、

 

・日中は太陽の光を浴びてウォーキングやジョギングなどをする。
・寝る前に温かい飲み物を飲む。
・半身浴をする。
・寝る直前に、テレビや携帯は控える。
・アロマでリラックスする。

 

などを心掛けることをお勧めします。

 

人は体温が下がった時に眠たくなりますので、寝る前に温かい飲み物を飲んだり、お風呂で半身浴を行い、暖かい状態のままで布団に入るのも効果的です。

 

無理して寝ようと焦ると余計にプレシャーを感じ眠れなくなるものですから、眠れない場合でも、早く寝なければ、、、と考え込まないことも大切なポイントですよ。

 

TOPページでは、薬をつかない効果的な治療方法を紹介しています。

 

パニック障害 原因|完治する治療方法のTOPへ戻る

 

パニック障害を薬を使わないで治療する一番の方法!


関連ページ

吐き気
パニック障害の症状、吐き気について紹介しています。
動悸
パニック障害の症状、動悸について紹介しています。
めまい
パニック障害の症状、めまいについて紹介しています。
過呼吸
パニック障害の症状、過呼吸について紹介しています。
息苦しい
パニック障害の症状、息苦しいについて紹介しています。
えづく
パニック障害の症状、えづくについて紹介しています。
苦しい
パニック障害の症状、苦しいについて紹介しています。
倦怠感
パニック障害の症状、倦怠感について紹介しています。
パニック障害の症状、咳について紹介しています。
震え
パニック障害の症状、震えについて紹介しています。
偏頭痛
パニック障害の症状、偏頭痛について紹介しています。
麻痺
パニック障害の症状、麻痺について紹介しています。
むくみ
パニック障害の症状、むくみについて紹介しています。
もやもや
パニック障害の症状、もやもやについて紹介しています。