パニック障害 むくみ

パニック障害を薬を使わないで治療する一番の方法!


パニック障害とむくみ

パニック障害では突然、動悸や発汗、頻脈、ふるえ、息苦しさ、胸部の不快感、めまい、吐き気などの症状が引き起こされます。

 

パニック障害で激しい動悸がしたり、頻脈になるということはありますが、足などにむくみを感じるという方もおられます。

 

パニック障害でむくむということはあまり聞かないので、パニック障害とむくみが直接、関係しているのかは不明ですが、

 

パニック発作によって突然、動悸が起こったり、脈が急速に速くなり、

 

あまりに激しい症状が引き起こされるので、同時に身体がふくらむような感じ、顔がむくむような感じなどの鬱血症状が現れることもあるそうです。

 

そして東洋医学では気の巡りが滞り、流れが悪くなると様々な不調が起こりやすいと言われています。

 

パニック発作を頻繁に繰り返すようになると、「また発作が起こったらどうしよう」という不安感が強くなったり、一度発作を起こした場所を避けるようになります。

 

予期不安が強くなり考え込んだり、疲労がどんどん蓄積されていくと消化器系の働きも悪くなり、

 

体の細胞に余分な水分が溜まり、水分の流れが滞り、むくみ、体が重いなどの症状を伴いやすくなります。

 

自律神経のバランスが崩れることでも全身の調整が上手く行えず、むくみの症状を伴いやすくなります。

 

またパニック障害とむくみの直接的な関係はないけれど、薬の副作用によってむくみの症状を感じるということはあります。

 

パニック障害の薬を始め、他の精神疾患で使用される薬でも言えることですが、

 

脳に直接作用するような薬は、体質によって合う、合わないがはっきりしており、合わない場合は副作用も現れやすいです。

 

そして薬の副作用で喉が渇くということもあり、副作用により水分を異常に摂取することでもむくみの症状が出る場合もあります。

 

※むくみはストレスや睡眠不足でも悪化します。

 

パニック障害によって夜眠れなくなってしまったという方も多く、不眠によってむくみの症状を感じやすいということも充分に考えられますし、運動不足でもむくみを引き起こしやすくなります。

 

パニック発作を恐れるあまりに運動を苦手とする方は非常に多いようですが、体調が良い時はウォーキングなどを取り入れてみるといいかもしれませんね。

 

パニック障害 原因|完治する治療方法のTOPへ戻る

パニック障害を薬を使わないで治療する一番の方法!


関連ページ

吐き気
パニック障害の症状、吐き気について紹介しています。
動悸
パニック障害の症状、動悸について紹介しています。
めまい
パニック障害の症状、めまいについて紹介しています。
過呼吸
パニック障害の症状、過呼吸について紹介しています。
息苦しい
パニック障害の症状、息苦しいについて紹介しています。
えづく
パニック障害の症状、えづくについて紹介しています。
苦しい
パニック障害の症状、苦しいについて紹介しています。
倦怠感
パニック障害の症状、倦怠感について紹介しています。
パニック障害の症状、咳について紹介しています。
眠れない
パニック障害の症状、眠れないについて紹介しています。
震え
パニック障害の症状、震えについて紹介しています。
偏頭痛
パニック障害の症状、偏頭痛について紹介しています。
麻痺
パニック障害の症状、麻痺について紹介しています。
もやもや
パニック障害の症状、もやもやについて紹介しています。