パニック障害 苦しい

パニック障害を薬を使わないで治療する一番の方法!


パニック障害による苦しい症状と対処法

頻繁に胸や呼吸が苦しくなったり、動悸の症状がみられると、心臓や呼吸器に異常があるのではないかと思う方は多いのではないかと思います。

 

しかしその呼吸の苦しさや、胸の苦しさがパニック障害によって引き起こされているものなら、心臓や呼吸器に異常があるわけではないので、病院で検査を受けても検査結果に異常はみられません。

 

パニック障害は心臓、胸、呼吸が苦しくなったり動悸の症状が現れる場合があります。

 

パニック発作の症状は様々で、症状の現れ方にも非常に個人差がありますが、

 

心臓の違和感、息苦しくなる、動悸、呼吸困難、酸素が足りないと感じる、胸の圧迫感、深く息が吸えないといった症状に悩む方は多いと言われています。

 

これらの症状を頻繁に繰り返すようになると、呼吸をどうやってしたらいいのかと考え込んでしまい、その事ばかりが頭にあるのでその不安感から発作を誘発しやすくなります。
突然、激しい発作に襲われると、呼吸や胸、動悸で苦しくなり、

 

同時に発作が治まらなかったら、このまま死んでしまうのではないかという不安や恐怖に襲われ、冷静さを失い更に発作が悪化してしまい、なかなか発作が治まらないというケースも少なくありません。

 

しかしパニック発作で死ぬことはありませんし、発作は必ず治まりますので、焦らずに対処することが大切です。

 

そして発作が起こりそうな前に頓服薬を服用しておくと、発作が抑えられたり、発作が起こっても軽くすむ場合もあります。

 

また妊娠中はパニック障害の症状が悪化し苦しむ妊婦さんもおられるようです。

 

パニック障害の息苦しさや動悸、胸の圧迫感に加え、妊娠中は日々大きくなる子宮で体の各臓器が圧迫されますので、

 

パニック障害を患っていない人でも動悸や息苦しいなどの症状が起こりやすくなりますし、

 

妊娠中はホルモンバランスが乱れやすく情緒不安定になりやすくなります。

 

妊娠してからパニック障害の薬の服用をやめたり、出産に対する不安感から一気に症状が悪化してしまうという方も少なくないようです。

 

しかし妊娠中だからといって無理に薬の服用をやめると、どんどん症状が悪化していく場合もありますので、病院で妊娠中でも内服できる薬がないか相談された方がいいかと思います。

 

薬の服用ができない場合は、カウンセリングなどを取り入れ、心のケアを行い不安を取り除いていく必要があります。

 

 

TOPページでは、薬をつかない効果的な治療方法を紹介しています。

 

 

パニック障害 原因|完治する治療方法のTOPへ戻る

パニック障害を薬を使わないで治療する一番の方法!


関連ページ

吐き気
パニック障害の症状、吐き気について紹介しています。
動悸
パニック障害の症状、動悸について紹介しています。
めまい
パニック障害の症状、めまいについて紹介しています。
過呼吸
パニック障害の症状、過呼吸について紹介しています。
息苦しい
パニック障害の症状、息苦しいについて紹介しています。
えづく
パニック障害の症状、えづくについて紹介しています。
倦怠感
パニック障害の症状、倦怠感について紹介しています。
パニック障害の症状、咳について紹介しています。
眠れない
パニック障害の症状、眠れないについて紹介しています。
震え
パニック障害の症状、震えについて紹介しています。
偏頭痛
パニック障害の症状、偏頭痛について紹介しています。
麻痺
パニック障害の症状、麻痺について紹介しています。
むくみ
パニック障害の症状、むくみについて紹介しています。
もやもや
パニック障害の症状、もやもやについて紹介しています。