パニック障害 倦怠感

パニック障害を薬を使わないで治療する一番の方法!


パニック障害と倦怠感

パニック障害の症状の一つとして倦怠感があげられます。

 

倦怠感が強く何もしなくても、休息を十分とっても疲れた状態が続き、その為日中に気力が湧いてこないのです。

 

一般的に疲れがとれない場合は内科を受診される方が多いと思いますが、

 

内科でとくに異常がみられない場合は精神的な疾患を疑われる場合もあります。

 

基本的に十分な休息や睡眠をとることで疲労は回復しますが、

 

パニック障害の場合は十分な休息をとっても疲労が回復せずに、全身のだるさや倦怠感が続き日常生活に支障をきたす場合もあります。

 

パニック発作はなんの前触れもなく動悸、呼吸困難、めまい、発汗、手足の震え、吐き気などの激しい症状が、不安や恐怖とともに現れます。

 

パニック障害は複数の症状を同時に感じることも多いと言われており、倦怠感の症状とともに他の症状を同時に伴うことが多いです。

 

倦怠感の症状を取り除くにはパニック障害の治療が必要になってきます。

 

パニック発作を頻繁に経験するようになると「またあの発作が起こったらどうしよう」という強い不安感から予期不安や広場恐怖を生じるようになり、発作を起こしやすくなります。

 

予期不安や広場恐怖が強くなるとパニック障害は治りにくいと言われていますので、早期に適切な治療を受ける必要があります。

 

※倦怠感を症状とする病気は沢山ありますが、中でもパニック障害と自律神経失調症の症状は非常に似ており、これらは間違われやすい病気でもあります。

 

医師であっても時には誤診をされることもあり、症状の改善効果がみられなかったり、悪化を招くこともあります。

 

しかしパニック障害と自律神経失調症の治療法は異なりますので注意しなければなりません。

 

自律神経失調症の特徴としては、パニック障害に見られるような不安感や恐怖感などの精神症状はなく、予期不安や広場恐怖もみられませんが、様々な身体症状が引き起こされます。

 

 

TOPページでは、薬をつかない効果的な治療方法を紹介しています。

 

 

パニック障害 原因|完治する治療方法のTOPへ戻る

パニック障害を薬を使わないで治療する一番の方法!


関連ページ

吐き気
パニック障害の症状、吐き気について紹介しています。
動悸
パニック障害の症状、動悸について紹介しています。
めまい
パニック障害の症状、めまいについて紹介しています。
過呼吸
パニック障害の症状、過呼吸について紹介しています。
息苦しい
パニック障害の症状、息苦しいについて紹介しています。
えづく
パニック障害の症状、えづくについて紹介しています。
苦しい
パニック障害の症状、苦しいについて紹介しています。
パニック障害の症状、咳について紹介しています。
眠れない
パニック障害の症状、眠れないについて紹介しています。
震え
パニック障害の症状、震えについて紹介しています。
偏頭痛
パニック障害の症状、偏頭痛について紹介しています。
麻痺
パニック障害の症状、麻痺について紹介しています。
むくみ
パニック障害の症状、むくみについて紹介しています。
もやもや
パニック障害の症状、もやもやについて紹介しています。