パニック障害 息苦しい

パニック障害を薬を使わないで治療する一番の方法!


パニック障害の息苦しい症状と対処法!

パニック障害の症状は様々で、症状の現れ方には非常に個人差はありますが、典型的な症状の中に息苦しい、うまく息が吸えない、息切れ、呼吸がしづらいというものがあげられます。

 

 

突然パニック発作に襲われ、息苦しい、うまく息が吸えないなどの呼吸がうまくできない感覚に陥ってしまうという症状に悩まれている方は非常に多いといいます。

 

 

パニック発作は何の前触れもなくある日突然引き起こされます。

 

 

何回かパニック発作を繰り返すようになると、発作を起こした場所を避けるようになり、避けたいと思っている場所に行くと、呼吸がしづらくなったり、息苦しくなるなどの症状が引き起こされやすくなります。

 

 

酷い場合は過呼吸を引き起こすというケースもあります。

 

 

突然、息苦しい、呼吸がしづらいという症状が引き起こされますので、このまま死んでしまうのではないかと強い恐怖心や不安感に襲われ、

 

 

ますます発作が激しくなり、なかなか発作が落ち着かないというケースも少なくありませんが、焦らずに冷静に対応することが重要になってきます。

 

 

パニック障害を経験した人にしか分からないことですが、発作によって引き起こされる息苦しさや、呼吸がしづらくなるといった感覚はほんとに辛いものだと思います。

 

 

しかしパニック障害で実際に呼吸が止まってしまうことはありませんし、死んでしまうこともありません!

 

 

パニック発作は通常15分〜30分程度で治まると言われていますので、激しい発作でも徐々に落ち着いていきます。

 

 

ちなみに緊張や不安が強くある時や、自律神経失調症の症状にも喉のつまりがあり、息苦しいという感覚に陥ることもあるようですが、

 

 

パニック障害によって引き起こされる息苦しさは喉だけでなく胸の方で感じる事が多いと言われています。

 

 

その息苦しさがパニック障害によるものなのか、自律神経失調症によるものなのか、

 

 

もし喉の詰まったような、息苦しいような感覚がある時は一度心療内科を受診された方がいいと思います。

 

 

また妊娠中の方でパニック障害を患っている方もおられますが、

 

 

妊娠するとパニック障害の症状が軽くなるというケースが多いのですが、症状が重くなることもあります。

 

 

実際に妊娠中でパニック障害を患っており、安定期に入りつわりは落ち着いたものの、

 

 

息苦しさや脈拍数が上がり、体も重く、動悸の症状も悪化したという情報もあります。

 

 

妊娠に対するホルモンバランスが崩れることも影響してパニック障害の症状が悪化するケースもありますし、

 

 

妊娠してパニック障害の薬を減らすことによっても悪化してしまう場合があります。

 

 

TOPページでは、薬をつかない効果的な治療方法を紹介しています。

 

 

パニック障害 原因|完治する治療方法のTOPへ戻る

パニック障害を薬を使わないで治療する一番の方法!


関連ページ

吐き気
パニック障害の症状、吐き気について紹介しています。
動悸
パニック障害の症状、動悸について紹介しています。
めまい
パニック障害の症状、めまいについて紹介しています。
過呼吸
パニック障害の症状、過呼吸について紹介しています。
えづく
パニック障害の症状、えづくについて紹介しています。
苦しい
パニック障害の症状、苦しいについて紹介しています。
倦怠感
パニック障害の症状、倦怠感について紹介しています。
パニック障害の症状、咳について紹介しています。
眠れない
パニック障害の症状、眠れないについて紹介しています。
震え
パニック障害の症状、震えについて紹介しています。
偏頭痛
パニック障害の症状、偏頭痛について紹介しています。
麻痺
パニック障害の症状、麻痺について紹介しています。
むくみ
パニック障害の症状、むくみについて紹介しています。
もやもや
パニック障害の症状、もやもやについて紹介しています。