パニック障害 偏頭痛

パニック障害を薬を使わないで治療する一番の方法!


パニック障害と偏頭痛

パニック障害により頭痛を引き起こす人も多く、特に片頭痛に悩む人が多いと言われています。

 

主に痛む箇所として後頭部や片側部が多いですが、頭全体に痛みを感じるというケースも少なくありません。

 

痛みの感じ方には非常に個人差がありますが、頭がガンガンするというよりも、頭をしめつけるような痛みを訴える人が多い傾向にあります。

 

パニック障害が関係している頭痛の場合は、パニック障害が悪化するにつれ痛みが強くなったり、頭痛が頻繁に起こるようになると言われています。

 

しかしパニック障害による頭痛はパニック障害の症状が改善されていくと、頭痛も起こりにくくなると言われていますので、パニック障害を克服することで頭痛からも解放されるということです。

 

パニック障害の治療は主に薬物療法が中心になりますが、同時に心理療法を取り入れて心のケアも行っていくことが大切です。

 

パニック障害は治療を開始したからといってすぐに治る病気ではなく、気長に治療を続けていかなければなりませんが、その間に片頭痛が起こった時の対処法を紹介しておきます。

 

パニック障害によって起こる頭痛の前は、大抵吐き気やめまいなどの症状を訴える方が多いようです。

 

片頭痛は早めに薬を飲んで対処しておくと良いので、吐き気やめまいなどを感じた時点で痛み止めを服用しておくと、激しい痛みを防ぐことができます。

 

そしてコーヒーを飲むと頭痛を軽減させる事ができると言われており、前兆を感じたらコーヒーを飲むと良いと言われていますが、これはパニック障害の方は避けて下さい。

 

コーヒーなどカフェインを含む物質はパニック発作を誘発しやすくなると言われているからです。

 

またうつ病やパニック障害の方は頭痛持ちの方は非常に多いと言われており、精神的なストレスと関連して悪化することも多いようです。

 

片頭痛はストレスによって悪化することも多いので、心理的ストレスを取り除いていくことで片頭痛の症状が軽減することもあります。

 

※元々片頭痛持ちだと、うつ病やパニック障害伴いやすく、片頭痛とうつ病やパニック障害を併発しているのは約50%というデーターもあるようです。

 

 

パニック障害 原因|完治する治療方法のTOPへ戻る

パニック障害を薬を使わないで治療する一番の方法!


関連ページ

吐き気
パニック障害の症状、吐き気について紹介しています。
動悸
パニック障害の症状、動悸について紹介しています。
めまい
パニック障害の症状、めまいについて紹介しています。
過呼吸
パニック障害の症状、過呼吸について紹介しています。
息苦しい
パニック障害の症状、息苦しいについて紹介しています。
えづく
パニック障害の症状、えづくについて紹介しています。
苦しい
パニック障害の症状、苦しいについて紹介しています。
倦怠感
パニック障害の症状、倦怠感について紹介しています。
パニック障害の症状、咳について紹介しています。
眠れない
パニック障害の症状、眠れないについて紹介しています。
震え
パニック障害の症状、震えについて紹介しています。
麻痺
パニック障害の症状、麻痺について紹介しています。
むくみ
パニック障害の症状、むくみについて紹介しています。
もやもや
パニック障害の症状、もやもやについて紹介しています。