パニック障害 震え

パニック障害を薬を使わないで治療する一番の方法!


パニック障害、震えの対処法

パニック障害にはいろいろな症状が見られます。

 

動悸、吐き気、息苦しさ、呼吸が苦しくなる、発汗、胸部の不快感、めまいなどの身体的症状に加え、このままでは死んでしまうのではないかと強い不安感に襲われます。

 

パニック障害の症状として手足の震えが出ることもあります。

 

会議でのプレゼン中や、受付で自分の名前を書く時に手が震えてしまうなど、、

 

手足の震えはパニック障害を患っていなくても、今まで緊張する場面で多くの方が一度は経験したことがあるのではないかと思います。

 

しかし緊張した場面で一時的に起こる震えに対して、恐怖を感じたり、強い不安感を持ったり、死んでしまうのではないかと思うことはありません。

 

一方、パニック障害によって引き起こされる手足の震えでは、強い不安感や恐怖を感じるようになり、同時にこのまま死んでしまうような感覚に陥ります。

 

パニック発作の症状は10分以内に最高潮に達し、その後数分で症状がなくなると言われています。

 

発作を繰り返すことで、『また震えがきたらどうしよう』と再発を恐れるあまり、パニック発作を起こしたことがある場所や苦手な場面を次第に避けるようになります。

 

震えの症状としては、小さな震えもあれば、大きく震える、手足だけでなく全身が震える場合もあります。

 

パニック障害の震えを抑えようとしても治まりませんが、震えの対処法はあるのでしょうか。

 

発作は数十分で落ち着きますので、まずは焦らないことが大切なポイントです。

 

震えを止めようと思えば思う程、震えは止まらないものなので、すぐに震えを止めようと思わないことです。

 

震えを止めようと焦れば焦るほど、震えの症状は強くなってしまいます。

 

予期不安が強く震えが起こりそうなことが予想できる場合は、

 

事前に頓服薬を飲んでおくと震えの症状を抑えることができますし、

 

万が一、震えの症状が出ても比較的発作は軽いことが多いようです。

 

パニック障害の治療では投薬治療を中心に治療を行います。

 

抗うつ剤、抗不安剤でパニック発作を起こりにくくすると同時に、心理療法も取り入れて心をケアしていきます。

 

また自分で発作をコントロールできる方法を見つけておくことで、発作を回避できるようになります。

 

パニック障害 原因|完治する治療方法のTOPへ戻る

パニック障害を薬を使わないで治療する一番の方法!


関連ページ

吐き気
パニック障害の症状、吐き気について紹介しています。
動悸
パニック障害の症状、動悸について紹介しています。
めまい
パニック障害の症状、めまいについて紹介しています。
過呼吸
パニック障害の症状、過呼吸について紹介しています。
息苦しい
パニック障害の症状、息苦しいについて紹介しています。
えづく
パニック障害の症状、えづくについて紹介しています。
苦しい
パニック障害の症状、苦しいについて紹介しています。
倦怠感
パニック障害の症状、倦怠感について紹介しています。
パニック障害の症状、咳について紹介しています。
眠れない
パニック障害の症状、眠れないについて紹介しています。
偏頭痛
パニック障害の症状、偏頭痛について紹介しています。
麻痺
パニック障害の症状、麻痺について紹介しています。
むくみ
パニック障害の症状、むくみについて紹介しています。
もやもや
パニック障害の症状、もやもやについて紹介しています。