パニック障害 えづく

パニック障害を薬を使わないで治療する一番の方法!


パニック障害、えづく場合の対処法

実際に吐くことはないけれど、オエッという不快感を伴いえづく。

 

胃や肝臓に異常があると、吐き気やえづくなどの症状が頻繁に起こる場合がありますが、
病院で精密検査を受けたけれど、検査結果に異常はないのに、えづく、吐き気の症状がみられる場合があります。

 

パニック障害によって吐き気やえづくなどの症状が引き起こされる場合もあります。

 

パニック障害によって引き起こされる吐き気や、えづくなどの不快感は胃や肝臓の機能に異常があるわけではないので、実際に吐くことはほとんどありません。

 

実際に吐くことは無いのですが、症状が治まるまで数十分の時間がかかるようです。

 

特にストレスが溜まっていたり、緊張している場合に吐き気、えづくなどの症状が現れやすく、

 

また映画館やコンサートホールなどに行くと吐き気やえづくなどの症状が起こりやすいという方もいます。

 

一度激しい吐き気やえづくなどの症状を経験すると『また緊張してえづいてしまうのではないか』と不安やプレッシャーを感じやすく、予期不安から吐き気、えづくなどの症状を起こしやすくなります。

 

「吐いてしまうのではないか」という強迫観念から、食事中も緊張してしまい外食が出来なくなったり、家族やごく親しい人以外とは食事が出来なくなってしまうというケースも少なくありません。

 

のどに何かつっかえた感じがして、食べ物を飲み込みにくいなどの違和感を感じることもあり、まともに食事を摂れなくなってしまうこともあります。

 

パニック障害による吐き気やえづくなどの対処法として、吐き気止めを処方されることもあるそうですが、吐き気止めではなかなか不快感は軽減されないです。

 

吐き気止めよりも、安定剤などを飲む方が吐き気などの不快感は治まるようです。

 

予期不安がくると実際にえづく、吐き気などの症状が起こりやすくなりますので、発作が起こる前に服用しておくと良いようです。

 

またパニック障害の原因を取り除くことでも、えづく、吐き気などの症状は軽減していきます。

 

ストレス、緊張などの原因が取り除かれないといくら薬を服用してても効果は得られないと思います。

 

薬物療法に加え、心理カウンセラーのもとでカウンセリングを受けたりしてストレスやガチガチに緊張している心をしっかりとケアしていきましょう。

 

※パニック障害による吐き気から嘔吐恐怖症を誘発するというケースも少なくありません!

 

 

TOPページでは、薬をつかない効果的な治療方法を紹介しています。

 

 

パニック障害 原因|完治する治療方法のTOPへ戻る

パニック障害を薬を使わないで治療する一番の方法!


関連ページ

吐き気
パニック障害の症状、吐き気について紹介しています。
動悸
パニック障害の症状、動悸について紹介しています。
めまい
パニック障害の症状、めまいについて紹介しています。
過呼吸
パニック障害の症状、過呼吸について紹介しています。
息苦しい
パニック障害の症状、息苦しいについて紹介しています。
苦しい
パニック障害の症状、苦しいについて紹介しています。
倦怠感
パニック障害の症状、倦怠感について紹介しています。
パニック障害の症状、咳について紹介しています。
眠れない
パニック障害の症状、眠れないについて紹介しています。
震え
パニック障害の症状、震えについて紹介しています。
偏頭痛
パニック障害の症状、偏頭痛について紹介しています。
麻痺
パニック障害の症状、麻痺について紹介しています。
むくみ
パニック障害の症状、むくみについて紹介しています。
もやもや
パニック障害の症状、もやもやについて紹介しています。