パニック障害 動悸

パニック障害を薬を使わないで治療する一番の方法!


パニック障害による動悸と克服法!

動悸の症状があるのに、精密検査を受けても特に異常は見られないといった場合はパニック障害の疑いがあります。

 

 

パニック障害の症状の一つに動悸があげられます。

 

 

パニック障害を患っていなくても、激しい運動後や極度に緊張する状況に陥った場合は動悸を感じることはあります。

 

 

しかし一時的に動悸が起こっても時間が経てば動悸の症状は治まります。

 

 

しかしパニック障害によって起こる動悸の場合は、激しい運動をしたわけではないのに、突然動悸の症状が現れるのです。

 

 

パニック障害は突然、何の前触れもなく動悸やめまい、呼吸が苦しくなる、手足の震え、吐き気などの症状が現れ、同時にこのまま死んでしまうのではないか、発狂してしまうのではないかといった不安や恐怖に襲われます。

 

 

一度パニック発作を経験すると、また発作が起こるのではないかという不安感が強くなり、

 

 

次第に電車やバス、映画館、美容院、人混みなど発作が起こった時に逃げられないような場所を避けるようになります。

 

 

そして発作を繰り返すことで、予期不安が強くなり学校や会社に行けなくなってしまうというケースもあり、社会的生活に支障が生じることもあります。

 

 

パニック障害の治療には時間はかかると言われていますが、早期発見・早期治療の場合は治療期間は比較的短いと言われています。

 

 

動悸の症状も放っておくと悪化しやすく、治りにくくなってしまうため、早めの対応が必要になってきます。

 

 

パニック障害の動悸の症状を抑えるには、まず薬でパニック発作をコントロールする必要があります。

 

 

パニック障害の治療には主に抗不安薬や抗うつ薬が使われますが、薬を使うことでパニック発作が軽減してきます。

 

 

薬によってパニック発作がコントロールされてきたら、必要に応じて認知行動療法を加えて治療を進めていきます。

 

 

パニック発作によって特定の場所や状況を避けるようになってしまった場合は、あえてそうした状況に直面し、すこしづつ慣れていく努力も必要になってくるのです。

 

 

薬物療法に加え認知行動療法を取り入れて治療を進めていくと、次第にパニック障害を克服することができるようになると言われています。

 

 

パニック障害を放っておくと、広場恐怖が強くなり外出できなくなってしまったり、うつ病を招くケースもありますし、

 

 

不安をアルコールで紛らわすためアルコール依存症に陥ってしまうケースもあります。

 

 

TOPページでは、薬をつかない効果的な治療方法を紹介しています。

 

 

パニック障害 原因|完治する治療方法のTOPへ戻る

パニック障害を薬を使わないで治療する一番の方法!


関連ページ

吐き気
パニック障害の症状、吐き気について紹介しています。
めまい
パニック障害の症状、めまいについて紹介しています。
過呼吸
パニック障害の症状、過呼吸について紹介しています。
息苦しい
パニック障害の症状、息苦しいについて紹介しています。
えづく
パニック障害の症状、えづくについて紹介しています。
苦しい
パニック障害の症状、苦しいについて紹介しています。
倦怠感
パニック障害の症状、倦怠感について紹介しています。
パニック障害の症状、咳について紹介しています。
眠れない
パニック障害の症状、眠れないについて紹介しています。
震え
パニック障害の症状、震えについて紹介しています。
偏頭痛
パニック障害の症状、偏頭痛について紹介しています。
麻痺
パニック障害の症状、麻痺について紹介しています。
むくみ
パニック障害の症状、むくみについて紹介しています。
もやもや
パニック障害の症状、もやもやについて紹介しています。