パニック障害 運転中

パニック障害を薬を使わないで治療する一番の方法!


運転中に起こるパニック障害について

車の運転中に起こるパニック障害には様々な症状があります。

 

 

まず本人が運転している最中にパニック障害を起こす場合と他人が車を運転中に助手席でパニック障害を起こす場合があります。

 

 

本人が車を運転中に起こすパニック障害の主な引き金となるものとして、車の速いスピードに反応して起きる場合があります。

 

 

これはスピードに対して急に恐怖心が起こってしまうことによりアクセルを踏む事ができなくなり車を殆ど停止させてしまうほどの症状が起きるようです。特に車の運転中のパニック障害の発症は、重大な交通事故を引き起こしかねないので非常に注意が必要です。

 

 

本人が、パニック障害を起こす可能性があることを自覚しているのであれば、事前にきちんと医師から精神安定剤などの処方をしてもらうべきだと言えるでしょう。

 

 

 

次に運転中のパニック障害の大きな原因となるのがトンネル渋滞に対する恐怖心です。

 

 

渋滞したトンネル内で車がなかなか進めない場合に、このままトンネルに閉じ込められてしまうのではないかという閉塞感が沸き起こる事により、車から飛び出して逃げ出したい衝動に駆られるというパニック障害です。車がトンネルを通過する事で、スーッとパニック症状が治まるのが特徴です。

 

 

他人が運転する車に同乗している場合のパニック障害の発症の特徴は、本人が車を運転している時と同様でスピード、

 

 

または狭い車の中で感じる圧迫感など、運転者の運転の仕方に対する不安感など、様々な要因が考えられます。

 

 

ただし、この場合はパニック障害を発症する本人がハンドルを握っていないので、運転者には、なるべくゆっくりと走行するようにあらかじめリクエストしておく事が望ましいですね。長距離でしたら目的地を目指して一気に走りきるのではなく、余裕を持った旅程を組む事や、途中のサービスエリアで身体を伸ばして軽い運動をするようにしてほぐす、なども非常に効果的です。

 

 

一旦車の運転時のパニック障害を経験してしまうと、どうしてもその恐怖心が脳の記憶に刻まれてしまうので何度も繰り返す可能性が出てきますが、とにかく焦らず、ゆっくりと少しずつ乗車時間を延ばしていく訓練を重ねていくようにすれば克服できうる症状です。

 

 

TOPページでは、薬をつかない効果的な治療方法を紹介しています。

 

 

パニック障害 原因|完治する治療方法のTOPへ戻る

パニック障害を薬を使わないで治療する一番の方法!


関連ページ

喫煙
パニック障害と喫煙について紹介しています。
飲酒
パニック障害に飲酒はあまりよくありません。
電車の中で
パニック障害は電車の中で発作を起こす場合もあります。
呼吸法
パニック障害の呼吸法について紹介しています。
食事
パニック障害が食事に与える影響について紹介しています。
悪化させない
パニック障害を悪化させないポイントを紹介しています。
映画館
パニック障害が映画館で出てしまう場合について。
遺伝の関係性
パニック障害は遺伝するのかを紹介しています。
飛行機
パニック障害が飛行機の中で与える影響を紹介しています。
カフェインの影響
カフェインがパニック障害に与える影響を紹介しています。
高速道路
パニック障害が高速道路で与える影響を紹介しています。
通勤
パニック障害が通勤に与える影響を紹介しています。
遊園地
パニック障害が遊園地いる時に与える影響を紹介しています。
旅行
パニック障害が旅行で与える影響を紹介しています。