パニック障害 食事

パニック障害を薬を使わないで治療する一番の方法!


パニック障害と食事療法

パニック障害の原因として、脳内の神経伝達物質であるセロトニンの分泌量が不足しているということもあげられます。

 

 

 

その為パニック障害の薬物療法では、SSRIを使いセロトニンの分泌量を増やすことでパニック障害の症状の軽減に繋がると考えられています。

 

 

 

セロトニンを豊富に含む食品を積極的に摂取することでセロトニンの分泌量を増やすことができます。

 

 

 

そしてセロトニンの元となるアミノ酸はトリプトファンで、トリプトファンの分泌量を増やすことで、脳内の物質の安定に繋がるということも言えます。

 

 

 

残念ながらトリプトファンは体内では作ることはできませんが、食品から摂取することは可能です。

 

 

 

トリプトファンを多く含む食品として、肉・マグロ・乳製品・卵・納豆・豆類・海苔・バナナ・ピーナッツ・アーモンドなどがあげられます。

 

 

 

また血糖値が急激に上がると、体だけではなく脳にも負担がかかってしまい精神的に不安定な状態が引き起こされやすくなりますので、

 

 

 

野菜やサラダなどを食事の最初に摂り、血糖値の急上昇を抑えることで、体や脳への負担を抑えることができます。

 

 

 

ビタミンやミネラルが豊富な野菜や海藻、キノコ類は脳への栄養にもなりますし、食物繊維も豊富に含まれています。

 

 

 

ゆっくり良く噛んで食べることでもセロトニンが分泌されやすくなりますので、早食いになっている方は良く噛んで食べることにも意識されるといいです。

 

 

 

砂糖や甘いもの、スナック菓子やジャンクフードなどは血糖値の調整を乱しますので極力控えるように心掛ける必要があります。

 

 

 

※パニック発作を誘発しやすくなる物質も極力控えた方が良いかと思います。

 

 

 

タバコやコーヒー(カフェイン)、炭酸入りの清涼飲料水などはパニック発作を誘発しやすくなると言われています。

 

 

 

実際にカフェインを摂った後や、タバコの量が増えるとパニック発作が起きやすくなるという方が多いようです。

 

 

 

可能であれば、カフェインを含むものやタバコは控えて下さい。

 

 

TOPページでは、薬をつかない効果的な治療方法を紹介しています。

 

 

パニック障害 原因|完治する治療方法のTOPへ戻る

パニック障害を薬を使わないで治療する一番の方法!


関連ページ

喫煙
パニック障害と喫煙について紹介しています。
運転中
パニック障害は運転中に起こる事もあります。
飲酒
パニック障害に飲酒はあまりよくありません。
電車の中で
パニック障害は電車の中で発作を起こす場合もあります。
呼吸法
パニック障害の呼吸法について紹介しています。
悪化させない
パニック障害を悪化させないポイントを紹介しています。
映画館
パニック障害が映画館で出てしまう場合について。
遺伝の関係性
パニック障害は遺伝するのかを紹介しています。
飛行機
パニック障害が飛行機の中で与える影響を紹介しています。
カフェインの影響
カフェインがパニック障害に与える影響を紹介しています。
高速道路
パニック障害が高速道路で与える影響を紹介しています。
通勤
パニック障害が通勤に与える影響を紹介しています。
遊園地
パニック障害が遊園地いる時に与える影響を紹介しています。
旅行
パニック障害が旅行で与える影響を紹介しています。