パニック障害 旅行

パニック障害を薬を使わないで治療する一番の方法!


パニック障害、不安な旅行を克服するには

“パニック障害になってから行動範囲が狭まってしまい旅行に行くこともできない”

 

パニック障害の方は旅行に行くことができなかったり、旅行に行くことに対して抵抗があるという方が多いです。

 

パニック障害では、不安感、恐怖感、動悸、胸痛、呼吸困難、過呼吸、めまい、ふらつきなどの発作に襲われ、同時にこのまま死んでしまうのではないかという恐怖に襲われます。

 

発作を繰り返すようになると、電車や新幹線、飛行機、渋滞など以前発作を起こした場所や、発作が起こった時にすぐに逃げることのできない状況をさけるようになります。

 

旅行となると、長時間の乗り物での移動が必要になってきます。

 

電車や新幹線なら途中で降りることも可能ですが、飛行機の場合だと目的地まで降りることはできずに、特に海外旅行に行く場合だと長時間機内で過ごすことになります。

 

飛行機の中で長時間過ごすということを考えただけで不安になり、なかなか旅行に行く勇気が出ないという方もいると思います。

 

そして海外では環境も変わり、「言葉も通じないしここで発作が起こったらどうしよう」と予期不安も感じやすいです。

 

旅行に関しては事前に、主治医に相談しておいた方がいいかと思いますが、

 

実際にパニック障害を患っていても、長時間のフライトや海外旅行をされている方は沢山おられます。

 

やはり行く直前までは不安で仕方なく、ギリギリまでキャンセルしようか迷うこともあるそうですが、行ってみると特に発作も起きずにそれが自信に繋がり、いつの間にか克服できるというケースもあります。

 

旅行に行く前は不安だと思いますが、対処法として、事前に頓服薬を服用しておいたり、発作の予兆を感じたらすぐに薬を服用しておくといいです。

 

パニック障害の方は「発作を起こしたらどうしよう」と不安に思うことで、その不安感から実際に発作を起こしやすくなると言われていますので、

 

「発作が起きたら起きた時のこと」とわりきることも大切ではないかと思います。

 

そしてよく言われることですが、万が一発作が起こっても絶対に死ぬことはありませんので、発作が起こっても焦らないことも大切なポイントです。

 

 

パニック障害 原因|完治する治療方法のTOPへ戻る

パニック障害を薬を使わないで治療する一番の方法!


関連ページ

喫煙
パニック障害と喫煙について紹介しています。
運転中
パニック障害は運転中に起こる事もあります。
飲酒
パニック障害に飲酒はあまりよくありません。
電車の中で
パニック障害は電車の中で発作を起こす場合もあります。
呼吸法
パニック障害の呼吸法について紹介しています。
食事
パニック障害が食事に与える影響について紹介しています。
悪化させない
パニック障害を悪化させないポイントを紹介しています。
映画館
パニック障害が映画館で出てしまう場合について。
遺伝の関係性
パニック障害は遺伝するのかを紹介しています。
飛行機
パニック障害が飛行機の中で与える影響を紹介しています。
カフェインの影響
カフェインがパニック障害に与える影響を紹介しています。
高速道路
パニック障害が高速道路で与える影響を紹介しています。
通勤
パニック障害が通勤に与える影響を紹介しています。
遊園地
パニック障害が遊園地いる時に与える影響を紹介しています。