パニック障害 喫煙

パニック障害を薬を使わないで治療する一番の方法!


パニック障害に喫煙はよくない!

一昔前、パニック障害は「心の病気」であるとか、「性格的なもの」だと言われて来ました。

 

 

その後、この病気の研究が進んだ現在では、「脳機能障害」であることや、「脳内神経伝達物質」の乱れが原因であるということがわかって来ました。

 

 

人間の「脳内神経伝達物質」には、「ノルアドレナリン」という不安や恐怖を司る物質と、「セロトニン」という興奮を抑える物質がありますが、この二つの「脳内神経伝達物質」がアンバランスになることが、パニック障害を引き起こすと考えられています。

 

 

パニック障害は主に、「パニック不安」「予期不安」「外出恐怖」という症状が顕著ですが、これは症状の段階を経て現れるものです。

 

 

つまり、強い不安や恐怖と共に突然の呼吸困難、めまい、動機、ふるえ等の初期の段階で起きる症状(パニック不安)が繰り返されるうちに、「また発作が起きたらどうしよう」という新たな不安や恐怖が現れます。

 

 

これが「予期不安」と呼ばれる症状です。これが進むと、公衆の面前や他人の前で発作を起こすことの羞恥心から、また新たな不安や恐怖を感じ、外出を避けるようになります。

 

 

これが「外出恐怖」です。これらの症状が悪化すると、いわゆる「引きこもり」になり、一般的な社会生活が営めなくなるだけでなく、場合によってはうつ病になってしまうこともあります。

 

 

こうした不安感や恐怖感から逃れるために、また、一時的なリラックス状態や精神的安定を求めて、喫煙に頼る患者の数は少なくありません。

 

 

喫煙している間は不安感やイライラが抑えられていますが、いざニコチンが切れると、

 

 

さらに酷い不安感や恐怖感に襲われるため、日増しに喫煙本数が増えてしまうという悪循環に陥ります。

 

 

非喫煙者と比較すると、ストレスの増加やマイナス思考の強まり等、パニック障害の症状そのものを悪化させると言われています。ですから、少しづつ喫煙量を減らしたり、最終的には禁煙することが、パニック障害の治療をする上で非常に重要となるのです。

 

 

TOPページでは、禁煙しないでも治る、治療方法を紹介しています。

 

 

パニック障害 原因|完治する治療方法のTOPへ戻る

 

パニック障害を薬を使わないで治療する一番の方法!


関連ページ

運転中
パニック障害は運転中に起こる事もあります。
飲酒
パニック障害に飲酒はあまりよくありません。
電車の中で
パニック障害は電車の中で発作を起こす場合もあります。
呼吸法
パニック障害の呼吸法について紹介しています。
食事
パニック障害が食事に与える影響について紹介しています。
悪化させない
パニック障害を悪化させないポイントを紹介しています。
映画館
パニック障害が映画館で出てしまう場合について。
遺伝の関係性
パニック障害は遺伝するのかを紹介しています。
飛行機
パニック障害が飛行機の中で与える影響を紹介しています。
カフェインの影響
カフェインがパニック障害に与える影響を紹介しています。
高速道路
パニック障害が高速道路で与える影響を紹介しています。
通勤
パニック障害が通勤に与える影響を紹介しています。
遊園地
パニック障害が遊園地いる時に与える影響を紹介しています。
旅行
パニック障害が旅行で与える影響を紹介しています。