パニック障害 カフェイン

パニック障害を薬を使わないで治療する一番の方法!


パニック障害とカフェインの関係について

カフェインはパニック発作を誘発することで有名ですが、実際にパニック障害の方がカフェインを摂り過ぎるとパニック発作が出やすいようです。

 

大量にカフェインを摂取すると、動悸が激しくなったり、不安感が強くなる場合があります。

 

パニック障害を患っていない人でも、大量にカフェインを摂取すると動悸がしたり、不安に感じたりすることはありますが、なぜカフェインの大量摂取は良くないのでしょうか。
カフェインには脳内のアデノシンという神経伝達物質の働きをストップさせるという作用があるのですが、

 

アデノシンはパニック発作を引き起こすノルアドレナリンのブレーキの役割があります。
そのアデノシンの働きがストップしてしまうことで、ノルアドレナリンが大量に分泌されパニック発作を誘発しやすくなってしまうのです。

 

つまりブレーキ役の働きが止まってしまうことで、発作が起きやすくなってしまうのです。

 

そしてカフェインには覚醒作用もあり、血圧や心拍数を上げますので

 

血圧や心拍数が上がることでもパニック発作が起こりやすくなる時もあります。

 

カフェインが含まれている食品はコーヒー以外に、紅茶、緑茶、コーラ、チョコレートなどがあげられます。

 

カフェインを摂取するとパニック発作が起こるようになったけど、コーヒーが大好きでなかなか止められないという方は、

 

カフェインが入っていないカフェインレスコーヒーというものもありますので、カフェインレスのものを選ぶといいですよ。

 

実際にカフェインレスコーヒーに変えたら、頻繁に起こっていたパニック発作が起こらなくなったという方もおられます。

 

カフェイン以外にアルコール、炭酸、タバコなどもパニック障害を誘発すると考えられていますので、なるべく控えるようにして下さい。

 

 

パニック障害 原因|完治する治療方法のTOPへ戻る

 

 

パニック障害を薬を使わないで治療する一番の方法!


関連ページ

喫煙
パニック障害と喫煙について紹介しています。
運転中
パニック障害は運転中に起こる事もあります。
飲酒
パニック障害に飲酒はあまりよくありません。
電車の中で
パニック障害は電車の中で発作を起こす場合もあります。
呼吸法
パニック障害の呼吸法について紹介しています。
食事
パニック障害が食事に与える影響について紹介しています。
悪化させない
パニック障害を悪化させないポイントを紹介しています。
映画館
パニック障害が映画館で出てしまう場合について。
遺伝の関係性
パニック障害は遺伝するのかを紹介しています。
飛行機
パニック障害が飛行機の中で与える影響を紹介しています。
高速道路
パニック障害が高速道路で与える影響を紹介しています。
通勤
パニック障害が通勤に与える影響を紹介しています。
遊園地
パニック障害が遊園地いる時に与える影響を紹介しています。
旅行
パニック障害が旅行で与える影響を紹介しています。