パニック障害 飲酒

パニック障害を薬を使わないで治療する一番の方法!


パニック障害の症状と、飲酒の影響

パニック障害は、以前はその症状をもって心の病とみなされていました。

 

 

現在は研究が進み、脳機能障害が原因のPTSDや強迫性障害と同じ不安障害として、1992年にWHOによって病名が認められています。

 

 

日本では100人に1人から4人ほど、特に若い女性が多くかかると言われてる比較的罹患率が高い病気ですが、命に関わる病気ではなく初期の適切な治療で完治します。

 

 

動悸・発汗・窒息感・自分をコントロールできなくなる恐怖感などに突如襲われ、それが5〜10分ほど持続するパニック発作を複数回繰り返す、

 

 

またはそれによる心気症的不安が1ヶ月以上続くような場合に、パニック障害の診断を下されます。

 

 

このようなパニック発作を繰り返すと、助けを求めずらい広い場所を避ける広場恐怖という症状が出るようになったり、酷い時は外出が出来なくなるなど日常生活に支障を生じます。

 

 

パニック障害の原因は、脳内の神経伝達物質のセロトニンやノルアドレナリンの働きが異常なことが主です。

 

 

脳内神経環境が通常とは異なると、なんでもない所で急に大変な不安感に襲われるのです。他原因には多忙な日々でのストレスや心理的要因、遺伝などが挙げられます。

 

 

中でも飲酒は神経を興奮させるので、パニック発作を誘発しやすいといわれています。

 

 

パニック障害の初期には、アルコール摂取で不安を紛らわせる事が出来ますが、その時期を過ぎれば、不安を増大させ症状をさらに悪化させます。

 

 

アルコールで不安や恐怖を紛らわせる習慣が初期のうちに出来てしまうと、アルコール依存症になりやすくなります。

 

 

依存症になってしまうと飲酒を中断したその時点で、パニック発作を引き出す悪循環に陥ってしまうので、飲酒は特に注意が必要です。その他に神経を興奮させてパニック発作を誘発するものに、タバコやカフェインがあります。

 

 

パニック障害の治療法は薬物治療と認知行動療法の、主に2つあります。また、低血糖はパニック発作に関係するので、ジャンクフードや甘い物のとりすぎは控えるなど、日常生活でも気をつけなければなりません。

 

 

 

TOPページでは、薬をつかない効果的な治療方法を紹介しています。

 

 

パニック障害 原因|完治する治療方法のTOPへ戻る

パニック障害を薬を使わないで治療する一番の方法!


関連ページ

喫煙
パニック障害と喫煙について紹介しています。
運転中
パニック障害は運転中に起こる事もあります。
電車の中で
パニック障害は電車の中で発作を起こす場合もあります。
呼吸法
パニック障害の呼吸法について紹介しています。
食事
パニック障害が食事に与える影響について紹介しています。
悪化させない
パニック障害を悪化させないポイントを紹介しています。
映画館
パニック障害が映画館で出てしまう場合について。
遺伝の関係性
パニック障害は遺伝するのかを紹介しています。
飛行機
パニック障害が飛行機の中で与える影響を紹介しています。
カフェインの影響
カフェインがパニック障害に与える影響を紹介しています。
高速道路
パニック障害が高速道路で与える影響を紹介しています。
通勤
パニック障害が通勤に与える影響を紹介しています。
遊園地
パニック障害が遊園地いる時に与える影響を紹介しています。
旅行
パニック障害が旅行で与える影響を紹介しています。