パニック障害 飛行機

パニック障害を薬を使わないで治療する一番の方法!


パニック障害、苦手な飛行機を克服するには

パニック障害の方は飛行機が苦手だという方は非常に多いです。

 

・飛行機に乗る前はドキドキしてしまい予期不安が強くソワソワしてしまう。

 

・乗れば、意外に大丈夫なことが多いけれど乗るまでが不安で仕方がない。

 

・国内の場合は薬を飲んでなんとか乗ることができるが、国際線は乗ることができない。
・テレビで飛行機の映像をみたりして、そこに自分が乗っているということをイメージしただけで動悸がし発作が起こりそうになる。

 

など、、、一度飛行機でパニック発作を経験すると、次第に飛行機を避けるようになります。

 

パニック発作が頻繁に起こるようになると、予期不安や広場恐怖を強く感じるようになり、

 

飛行機などの乗り物に乗ると必ず発作が起こると強く思い込むことで、本当に発作が起こりやすくなってしまうのです。

 

パニック障害で電車や新幹線が苦手な方も多いですが、電車や新幹線の場合はとりあえず1駅乗ってみるということができますが、飛行機だとそういうわけにはいきません。

 

ではどのように苦手な飛行機を克服していったらいいのでしょうか。

 

パニック障害が治るまでは飛行機に乗れないと言われる方もいますが、実際にパニック障害と闘いながらでも飛行機を利用されている方は沢山おられます。

 

まず多くの方は薬を利用されて対処されているようです。

 

行く直前はすごく憂鬱で、キャンセルしようと毎回思うようですが、飛行機に乗る前に薬を飲んでおくと、なんとか海外に行けるようになったという方もおられます。

 

中には薬の効果でウトウトと眠くなってしまい、寝て過ごすという方もおられます。

 

しかし薬を服用しても不安のあまりなかなか落ち着かないという方もおられます。

 

その場合は本を読んだり、音楽を聴いたり、勉強をするなど何か集中できて気を紛らわせるようなものを持っていくといいです。

 

また通路側をキープしたり、窓側など自分ができるだけ落ち着くような座席を事前に指定しておくこともお勧めします。

 

ちなみに一番後ろの席だと、万が一発作が起きて苦しくなっても客は前を向いており、後ろを振り向くことはほとんどありませんので注目されることはなく人目が気にならないのでお勧めです。

 

何かあったらすぐにトイレに駆け込むこともできます。

 

TOPページでは、薬をつかない効果的な治療方法を紹介しています。

 

パニック障害 原因|完治する治療方法のTOPへ戻る

パニック障害を薬を使わないで治療する一番の方法!


関連ページ

喫煙
パニック障害と喫煙について紹介しています。
運転中
パニック障害は運転中に起こる事もあります。
飲酒
パニック障害に飲酒はあまりよくありません。
電車の中で
パニック障害は電車の中で発作を起こす場合もあります。
呼吸法
パニック障害の呼吸法について紹介しています。
食事
パニック障害が食事に与える影響について紹介しています。
悪化させない
パニック障害を悪化させないポイントを紹介しています。
映画館
パニック障害が映画館で出てしまう場合について。
遺伝の関係性
パニック障害は遺伝するのかを紹介しています。
カフェインの影響
カフェインがパニック障害に与える影響を紹介しています。
高速道路
パニック障害が高速道路で与える影響を紹介しています。
通勤
パニック障害が通勤に与える影響を紹介しています。
遊園地
パニック障害が遊園地いる時に与える影響を紹介しています。
旅行
パニック障害が旅行で与える影響を紹介しています。