パニック障害 私生活

パニック障害を薬を使わないで治療する一番の方法!


パニック障害が私生活に与える影響記事一覧

喫煙

一昔前、パニック障害は「心の病気」であるとか、「性格的なもの」だと言われて来ました。その後、この病気の研究が進んだ現在では、「脳機能障害」であることや、「脳内神経伝達物質」の乱れが原因であるということがわかって来ました。人間の「脳内神経伝達物質」には、「ノルアドレナリン」という不安や恐怖を司る物質と...

≫続きを読む

運転中

車の運転中に起こるパニック障害には様々な症状があります。まず本人が運転している最中にパニック障害を起こす場合と他人が車を運転中に助手席でパニック障害を起こす場合があります。本人が車を運転中に起こすパニック障害の主な引き金となるものとして、車の速いスピードに反応して起きる場合があります。これはスピード...

≫続きを読む

飲酒

パニック障害は、以前はその症状をもって心の病とみなされていました。現在は研究が進み、脳機能障害が原因のPTSDや強迫性障害と同じ不安障害として、1992年にWHOによって病名が認められています。日本では100人に1人から4人ほど、特に若い女性が多くかかると言われてる比較的罹患率が高い病気ですが、命に...

≫続きを読む

電車の中で

パニック障害は、突然激しい動悸、発汗、頻脈、ふるえ、息苦しさ、胸部の不快感、めまいなどの症状が引き起こされ、このまま死んでしまうのではないかと強い恐怖心や不安感に襲われる病気です。パニック発作は多くの場合20分〜30分くらいで、長い場合でも1時間程度で治まると言われていますが、頻繁に発作を繰り返すう...

≫続きを読む

呼吸法

パニック障害は急に動悸が激しくなったり、息苦しくなったり、吐き気、めまいなどの発作に突然襲われると同時に、このまま死んでしまうのではないかという不安や恐怖が襲ってくる病気です。何回かパニック発作が起こるようになると、また発作が起こるのではないかという不安から頻繁に発作を繰り返すようになります。パニッ...

≫続きを読む

食事

パニック障害の原因として、脳内の神経伝達物質であるセロトニンの分泌量が不足しているということもあげられます。その為パニック障害の薬物療法では、SSRIを使いセロトニンの分泌量を増やすことでパニック障害の症状の軽減に繋がると考えられています。セロトニンを豊富に含む食品を積極的に摂取することでセロトニン...

≫続きを読む

悪化させない

パニック障害は治療を受けずに放置しておくと徐々にパニック障害が悪化し、治りにくくなると言われており、パニック障害の治療を長引かせない為には予期不安や広場恐怖がまだ強くなっていない段階で治療を受ける必要があります。パニック障害は早期発見・早期治療が非常に大切な病気なのです。パニック障害の治療を行ってい...

≫続きを読む

映画館

パニック障害の方が苦手とする場所の一つとして映画館があげられます。エレベーターやコンサートホール、映画館のような閉鎖された空間が苦手になってしまうのです。パニック発作は「時」と「場所」に関係はないとされており、発作が起きやすいという因果関係はほとんどないと言われています。しかしパニック障害の方は発作...

≫続きを読む

遺伝の関係性

自分がパニック障害を患っていると将来子供に遺伝するのではないか、親がパニック障害だけれど、遺伝するのではないかと心配される方は多いと思います。パニック障害の原因として、脳内の神経伝達物質の機能異常によって起こるのではないかという説も有力ですが、遺伝も少なからず関係しているのではないかと考えられていま...

≫続きを読む

飛行機

パニック障害の方は飛行機が苦手だという方は非常に多いです。・飛行機に乗る前はドキドキしてしまい予期不安が強くソワソワしてしまう。・乗れば、意外に大丈夫なことが多いけれど乗るまでが不安で仕方がない。・国内の場合は薬を飲んでなんとか乗ることができるが、国際線は乗ることができない。・テレビで飛行機の映像を...

≫続きを読む

カフェインの影響

カフェインはパニック発作を誘発することで有名ですが、実際にパニック障害の方がカフェインを摂り過ぎるとパニック発作が出やすいようです。大量にカフェインを摂取すると、動悸が激しくなったり、不安感が強くなる場合があります。パニック障害を患っていない人でも、大量にカフェインを摂取すると動悸がしたり、不安に感...

≫続きを読む

高速道路

パニック障害の方の中には高速道路が苦手だという人は多いですし、トンネルだけが苦手だという人も多いです。ある日突然、高速道路を走っていたら、急に心臓がバクバクし、呼吸が苦しくなり、一瞬このまま死んでしまうのではないかという恐怖に襲われ、病院に駆け込んだけれど、検査結果に異常はみられずに、心療内科でパニ...

≫続きを読む

通勤

パニック発作は電車やバス、飛行機などの逃げ場のない場所で起こりやすく、パニック障害の方の中で電車が苦手だという方は非常に多いです。パニック障害を患っていて、通勤に電車やバスを利用しなければならない方は毎日苦痛や不安と闘いながら利用されているのではないかと思います。特に通勤ラッシュの時間帯に電車を利用...

≫続きを読む

遊園地

パニック障害の方は電車やバス、飛行機、高速道路、映画館、人混み、美容院などが苦手だという方が多いですが、遊園地が苦手だというケースもあります。遊園地やテーマパークのような混雑する場所へ行くと、突然激しい動悸や息切れ、めまい、吐き気といった症状に襲われるのです。一度遊園地で発作を経験すると、「また遊園...

≫続きを読む

旅行

“パニック障害になってから行動範囲が狭まってしまい旅行に行くこともできない”パニック障害の方は旅行に行くことができなかったり、旅行に行くことに対して抵抗があるという方が多いです。パニック障害では、不安感、恐怖感、動悸、胸痛、呼吸困難、過呼吸、めまい、ふらつきなどの発作に襲われ、同時にこのまま死んでし...

≫続きを読む

パニック障害を薬を使わないで治療する一番の方法!