パニック障害 ユーパン

パニック障害を薬を使わないで治療する一番の方法!


パニック障害とユーパン

パニック障害は不安神経症の一種です。

 

 

急性の強い発作を繰り返すのが特徴です。

 

 

パニック障害は特別な原因やきっかけがなく突然発症してしまうのです。

 

 

パニック障害の発作の症状としては激しい動悸、めまい、息苦しさから死ぬような恐怖を感じます。

 

 

そして、またこういう症状が出たらどうしようという不安から1人で外出したりするのができなくなったりします。

 

 

パニック障害は一過性で比較的軽くすむ場合もありますが、発作を繰り返して慢性化することもあります。

 

 

またパニック障害患者の約半数にうつ病の傾向が見られます。

 

 

パニック障害の治療としては2つ方法があります。

 

 

薬物療法と認知行動療法というものです。

 

 

その薬物療法で使用される抗不安薬の1つにユーパンという薬があります。

 

 

ユーパンは緊張や不安を和らげたり寝付きを良くしたり、リラックスさせる効果があります。

 

 

この薬はパニック障害以外にも不安神経症、うつ病、自律神経失調症などの患者さんに対して処方されます。

 

 

またユーパンは筋肉の緊張をほぐすという作用もあるので肩こりや腰痛をかかえている患者さんに対しても処方されたりします。

 

 

ユーパンは飲み合わせに注意が必要な薬です。

 

 

抗うつ剤やユーパン以外の安定剤と一緒に飲むと効き目が強すぎたり副作用が出やすくなります。

 

 

またユーパンを服用する場合は車の運転や危険な作業は避けなければなりません。

 

 

パニック障害の発作は薬物療法でほとんど治ります。

 

 

ですが、また発作が出たらどうしようというような不安などは今後も長く続くことが多いです。

 

 

これを克服するためには認知行動療法を行って不安を1つ1つ取り除いていくしか方法はありません。

 

 

パニック発作を起こしてしまった場合(初めて発症した場合にはパニック発作かどうかの区別は難しいですが)は内科でいろんな検査を行い体に異常がないかをまず確認しましょう。

 

 

もし内科で異常がないのにも関わらず発作を繰り返して起こしてしまう場合はパニック障害である可能性があります。

 

 

まずは薬物療法、そして認知行動療法を行うことで支障なく日常生活を送ることが可能です。

 

 

TOPページでは、薬をつかない効果的な治療方法を紹介しています。

 

 

パニック障害 原因|完治する治療方法のTOPへ戻る

パニック障害を薬を使わないで治療する一番の方法!


関連ページ

エビリファイ
パニック障害の薬、エビリファイについて紹介しています。
ソラナックス
パニック障害の薬、ソラナックスについて紹介しています。
リスパダール
パニック障害の薬、リスパダールについて紹介しています。
ルーラン
パニック障害の薬、ルーランの感想です。
パキシル
パニック障害の薬、パキシルについて紹介しています。
ドグマチール
パニック障害の薬、ドグマチールについて紹介しています。
ジェイゾロフト
パニック障害の薬、ジェイゾロフトについて紹介しています。
レクサプロ
パニック障害の薬、レクサプロについて紹介しています。
リーゼ
パニック障害の薬、リーゼについて紹介しています。
ルジミオール
パニック障害の薬、ルジミオールについて紹介しています。
エチカーム
パニック障害の薬、エチカームについて紹介しています。
ロキソニン
パニック障害の薬、ロキソニンについて紹介しています。
デパス
パニック障害の薬、デパスについて紹介しています。
リフレックス
パニック障害の薬、リフレックスについて紹介しています。