パニック障害 ルーラン

パニック障害を薬を使わないで治療する一番の方法!


パニック障害にルーランを使った感想

私は、まさか自分がパニック障害であるとは思ってもみませんでした。

 

 

ここ最近、疲れ安くなったり、急に動悸が激しくなったり、手足の冷えと体の震え、頭や胸のあたりに、もやもやを感じるようになり、外出するのが億劫になっていました。

 

年齢のせいで、更年期障害や体に不調が出るのも当り前と軽く考えていましたが、

 

 

いつまでも気分の悪い感覚に悩まされ、又、それが何の前触れも無く突然襲って来るので、

 

 

不安になり、内科を受診しました。

 

 

その結果、パニック障害の可能性がある為に、内科の症状では無く、神経科や精神科に行くように勧められました。

 

 

診断結果に、愕然としましたが、完治しない病気ではないし、多くの患者さんも、この病気にかかっている人もいるから、特別な事ではないので、心配しないで、精神科の受診に効くように言われて、紹介状を書いてもらいました。

 

 

その1週間後に精神科の予約が取れたので、受診しました。

 

 

やはり結果は、パニック障害と診断されて、それ程、思い病状では無いので、しばらくお薬で様子を見てみましょう、という事になりました。

 

 

そこで、出されたのが、ルーランです。

 

 

 

医師の説明によると、この薬は、抗セロトニン作用と抗ドーバミン作用を持つ精神病に効くお薬で、混乱等を引き起こす原因となる、脳の内部のドーバミンという神経伝達が過敏になる症状を抑えろ物だそうです。

 

 

又、セロトニンも同じく、意欲低下等の陰性症状を抑える働きが有る薬だそうです。

 

 

この薬は副作用が出ないので、安心して飲んで下さい、と説明を受けました。

 

 

私は、病院から帰宅後、毎日ルーランを飲み続けています。

 

 

粒状のお薬で飲みやすく、これを飲み始めてから、突然の動悸等の症状が無くなり、安定した気持ちで、日々を送る事が出来るようになりました。

 

 

気が向いた時には、外出して、好きな物を食べてストレスをためないようにしています。

 

 

 

気持が安定してきたせいか、以前より3kg位、体重が増えて来ましたが、今は落ち着いた状態です。

 

 

TOPページでは、薬をつかない効果的な治療方法を紹介しています。

 

 

パニック障害 原因|完治する治療方法のTOPへ戻る

パニック障害を薬を使わないで治療する一番の方法!


関連ページ

エビリファイ
パニック障害の薬、エビリファイについて紹介しています。
ソラナックス
パニック障害の薬、ソラナックスについて紹介しています。
リスパダール
パニック障害の薬、リスパダールについて紹介しています。
パキシル
パニック障害の薬、パキシルについて紹介しています。
ドグマチール
パニック障害の薬、ドグマチールについて紹介しています。
ジェイゾロフト
パニック障害の薬、ジェイゾロフトについて紹介しています。
レクサプロ
パニック障害の薬、レクサプロについて紹介しています。
リーゼ
パニック障害の薬、リーゼについて紹介しています。
ルジミオール
パニック障害の薬、ルジミオールについて紹介しています。
エチカーム
パニック障害の薬、エチカームについて紹介しています。
ユーパン
パニック障害の薬、ユーパンについて紹介しています。
ロキソニン
パニック障害の薬、ロキソニンについて紹介しています。
デパス
パニック障害の薬、デパスについて紹介しています。
リフレックス
パニック障害の薬、リフレックスについて紹介しています。