パニック障害 ルジミオール

パニック障害を薬を使わないで治療する一番の方法!


パニック障害に処方されるルジミオールの特徴と注意点

パニック障害の辛さを軽減させるために、処方される薬は何種類もありますが、そのなかの一つであるルジオミールについて取り上げて見たいと思います。

 

 

以前まで、パニック障害のお薬が敬遠されがちな理由は、副作用のひどさにありました。

 

 

抗コリン作用という作用によって、体中の水気が無くなってしまうような状態になってしまい、便秘やかすみ目、口が乾くことやお肌の乾燥などの症状が現れました。

 

 

さらには、自殺に用いられやすいというデメリットもありました。少しの量で強力な作用があったからです。

 

 

 

そこで作られたのがルジオミール。効果などのお薬の強さに調整が加えられたお薬です。

 

 

ルジオミールは脳内のノルアドレナリンの量を増やして、神経がよく働く状態にするのを助けます。

 

 

この作用が「意欲」の増大と辛さの軽減につながるということです。

 

 

ルジオミールは、古いタイプの抗うつ剤の副作用によくあった、かすみ目や便秘、口が乾くと言った副作用が、 かなり軽減されています。

 

 

ルジオミールには、効果が現れるのが比較的早いという特性も備わったとも言われています。

 

 

効能としては、気分が晴れずに落ち込んだり、悲観的になったり、やる気がでない、集中できない、眠れない、そんな心の症状を改善し気持ちが前向きになるのを助けます。また、不安や緊張した気分をほぐして、気持ちを楽にします。

 

 

使用する際注意される点として、緑内障のある人は禁止されています。眼圧が上昇し、病状が悪化するおそれがあると報告されているためです。

 

 

心臓病、低血圧のある人も、病状の悪化に注意するなど慎重に用いる必要があるようです。

 

 

若い人に用いる場合は、症状によっては処方を控えなければならないようです。理由として若年層に用いると、かえって症状を悪化させるおそれがあるとの報告があります。

 

 

ルジミオールはパニック障害の他にも、摂食障害や鬱病の治療にも用いられています。

 

 

いずれの場合にもよくお医者様と相談し、パニック障害に最善のお薬を処方していただくのが大切です。

 

 

TOPページでは、薬をつかない効果的な治療方法を紹介しています。

 

 

パニック障害 原因|完治する治療方法のTOPへ戻る

パニック障害を薬を使わないで治療する一番の方法!


関連ページ

エビリファイ
パニック障害の薬、エビリファイについて紹介しています。
ソラナックス
パニック障害の薬、ソラナックスについて紹介しています。
リスパダール
パニック障害の薬、リスパダールについて紹介しています。
ルーラン
パニック障害の薬、ルーランの感想です。
パキシル
パニック障害の薬、パキシルについて紹介しています。
ドグマチール
パニック障害の薬、ドグマチールについて紹介しています。
ジェイゾロフト
パニック障害の薬、ジェイゾロフトについて紹介しています。
レクサプロ
パニック障害の薬、レクサプロについて紹介しています。
リーゼ
パニック障害の薬、リーゼについて紹介しています。
エチカーム
パニック障害の薬、エチカームについて紹介しています。
ユーパン
パニック障害の薬、ユーパンについて紹介しています。
ロキソニン
パニック障害の薬、ロキソニンについて紹介しています。
デパス
パニック障害の薬、デパスについて紹介しています。
リフレックス
パニック障害の薬、リフレックスについて紹介しています。