パニック障害 リーゼ

パニック障害を薬を使わないで治療する一番の方法!


パニック障害初期治療での処方薬、リーゼについて

パニック障害とは主に突然不安症状に襲われるパニック発作、それを恐れることで起こる予期不安、

 

 

予期不安に誘導されるようにして陥る広場恐怖といった不安障害のことですが、その初期治療の段階においてまず処方されやすいものがリーゼという抗不安薬です。

 

抗不安薬というと他にもコンスタンなどが挙げられますが、その中でもリーゼは特に作用の弱い、内科でも処方できるくらいに安全な薬です。

 

 

更年期障害や腰痛を和らげるといった目的で体の弱い高齢者にも用いられることもあります。

 

 

また、例えば何らかの手術を前にした時の不安、心配を鎮めるために使用するケースもあります。

 

 

こういった心情はパニック障害にも通じるものですので、パニック発作を前にして予期不安を覚えた際や広場恐怖に陥った際にも、先述と同じ目的で気持ちを落ち着かせるためにリーゼは処方されます。

 

 

以上でまとめました通り、リーゼは安心できる薬です。

 

 

しかし、かといって副作用が全くない訳ではありません。湿疹や熱などといった体質、アレルギーによる拒否反応が出た場合はすぐに医師に相談するべきですが、

 

 

アレルギー反応も出ていないのに勝手な自己判断で服用を減らしたりあるいは増やしたり、唐突にやめてしまったりしますと、

 

 

手指の震えが起こるなどして逆に不安感を強めてしまう可能性があります。

 

 

そうした事態を避けるためにも、リーゼでなくとも抗不安薬の副作用として普通に起こる現象や、またそれを弱めるための注意点を医師との相談の上、良く知っておきましょう。

 

 

リーゼは初期治療で用いる弱い薬ですので副作用がでない場合ももちろんありますが、出た場合に多い症状は眠気です。

 

 

ですので服用している間はできるだけ自転車や車、バイクといった乗り物の運転は避けなくてはいけません。

 

 

他には注意力の低下や集中力の散漫といった症状が挙げられます。仕事に支障が出る可能性がありますので、その際は職場や医師との打ち合わせが必要です。

 

 

これらの副作用を知った上で、それでも問題がある場合は早急に医師に確認しましょう。

 

 

TOPページでは、薬をつかない効果的な治療方法を紹介しています。

 

 

パニック障害 原因|完治する治療方法のTOPへ戻る

パニック障害を薬を使わないで治療する一番の方法!


関連ページ

エビリファイ
パニック障害の薬、エビリファイについて紹介しています。
ソラナックス
パニック障害の薬、ソラナックスについて紹介しています。
リスパダール
パニック障害の薬、リスパダールについて紹介しています。
ルーラン
パニック障害の薬、ルーランの感想です。
パキシル
パニック障害の薬、パキシルについて紹介しています。
ドグマチール
パニック障害の薬、ドグマチールについて紹介しています。
ジェイゾロフト
パニック障害の薬、ジェイゾロフトについて紹介しています。
レクサプロ
パニック障害の薬、レクサプロについて紹介しています。
ルジミオール
パニック障害の薬、ルジミオールについて紹介しています。
エチカーム
パニック障害の薬、エチカームについて紹介しています。
ユーパン
パニック障害の薬、ユーパンについて紹介しています。
ロキソニン
パニック障害の薬、ロキソニンについて紹介しています。
デパス
パニック障害の薬、デパスについて紹介しています。
リフレックス
パニック障害の薬、リフレックスについて紹介しています。