パニック障害 リスパダール

パニック障害を薬を使わないで治療する一番の方法!


「パニック障害」と呼ばれる障害を皆さんはご存知でしょうか。

 

 

電車や人ごみに行くと途端に不安になって頭痛や吐き気、そして息が止まりそうな感覚に襲われて実際に息がしづらくなってしまい、場合によっては呼吸困難になって救急車で運ばれるケースも珍しくない障害の一つです。

 

 

 

パニック障害は1990年前後頃から日本でもその名が知られる様になっていきました。

 

 

パニック障害はそれまでうつ病や統合失調症(当時は「精神分裂病」)と混同される事が90年代前半頃までの日本の医療現場においてもありました。

 

 

それはパニック障害の症状が、不安や何も危害を加える人物や物が無いのに極度の緊張を覚えてしまう点などがうつ病や統合失調症の症状と酷似していた為です。

 

しかし、現在の精神医学の現場ではパニック障害は勿論、これらうつ病や統合失調症の部類に分類される事はなくなり、なおかつパニック障害は精神病ではなく現在では心身症として心療内科の部類の病気に分類される様になりました。

 

 

パニック障害の患者さん本人自身とそのパニック障害の患者さんの親などの保護者の方達、そしてパニック障害について何も知らない一般人の人達も含めて、パニック障害は身体に影響が出始める心身症であり決して精神病ではないという事を認識する事が重要であると言えます。

 

 

 

パニック障害の人には現在、統合失調症の人に処方される事が多い「リスパダール」という向精神薬が処方されるケースがあります。

 

 

パニック障害でも特に強く障害や症状が出てしまう患者さんにリスパダールが処方されるケースが増えています。

 

 

 

リスパダールは従来のメジャー系と呼ばれる定型精神薬ではなく、新しい世代の向精神薬と呼ばれるマイナー系の非定型精神薬に分類されます。

 

 

非定型精神薬であるリスパダールは副作用の少ない新しい世代の精神薬として統合失調症の患者さんに主に処方されています。

 

 

これらリスパダールの効能や副作用について良くパニック障害の患者さんの症状を聞いた上でパニック障害の症状がどうしても止まらない場合にリスパダールを処方し様子を見る、というケースが現在増えてきているのです。

 

 

TOPページでは、薬をつかない効果的な治療方法を紹介しています。

 

 

パニック障害 原因|完治する治療方法のTOPへ戻る

パニック障害を薬を使わないで治療する一番の方法!


関連ページ

エビリファイ
パニック障害の薬、エビリファイについて紹介しています。
ソラナックス
パニック障害の薬、ソラナックスについて紹介しています。
ルーラン
パニック障害の薬、ルーランの感想です。
パキシル
パニック障害の薬、パキシルについて紹介しています。
ドグマチール
パニック障害の薬、ドグマチールについて紹介しています。
ジェイゾロフト
パニック障害の薬、ジェイゾロフトについて紹介しています。
レクサプロ
パニック障害の薬、レクサプロについて紹介しています。
リーゼ
パニック障害の薬、リーゼについて紹介しています。
ルジミオール
パニック障害の薬、ルジミオールについて紹介しています。
エチカーム
パニック障害の薬、エチカームについて紹介しています。
ユーパン
パニック障害の薬、ユーパンについて紹介しています。
ロキソニン
パニック障害の薬、ロキソニンについて紹介しています。
デパス
パニック障害の薬、デパスについて紹介しています。
リフレックス
パニック障害の薬、リフレックスについて紹介しています。