パニック障害 リフレックス

パニック障害を薬を使わないで治療する一番の方法!


パニック障害の時に飲むリフレックスとは

パニック障害になった時に病院に行き診察を受け処方箋をもらう時によく処方される薬の1つの「リフレックス」ですが、

 

 

リフレックスの効果としては不安、焦燥、吐き気等のパニック障害の症状を抑える事の出来る処方箋となっています。

 

 

パニック障害以外にもうつ病等の患者に処方する事もあります。

 

 

服用してからすぐの即効性はそれほど高くありませんが今までの代表的な処方箋のSSRIに比べると効果が発現するまでには早い方で翌日の朝ぐらいからと今までより早く効果が表れるようになりました。ちなみに抗うつ効果が得られるようになるのはおよそ3日後程度に経ってからになります。

 

 

リフレックスを服用した時のメリットはもちろん、やはりデメリットもあるのではないか?と考えてしまう方は多いと思います。

 

 

リフレックスを服用するのにメリットばかりではありません。もちろん副作用等のデメリットも存在します。

 

 

副作用の主な症状として1番多いのが傾眠になります。眠気を感じる方が多くひどい場合は1日を通して眠気に襲われる事もあるようです。

 

 

しかし、服用する度、毎回眠気を感じてしまうのではなく眠気に襲われるのは服用し始めた最初の期間が多く、服用を続けていると徐々に眠気を感じる事はなくなっていきます。

 

 

他の副作用としては倦怠感や口の渇き、便秘等の副作用がある事が確認されています。

 

 

女性に多い悩みとしてリフレックスを服用してから太ったと感じる方が多いのですがこれはリフレックスの副作用ではなく、

 

 

服用による効果でパニック障害が改善された事による食欲増進などで体重が増えているのでリフレックスによる副作用ではありません。

 

 

リフレックスの服用上の注意点としては食後に服用する事、服用時はお酒を飲まない、

 

 

車の運転や激しい運動の前は副作用により眠気に襲われる事があるので服用しない事等が挙げられます。

 

 

また、子供は服用がする事が出来ないようになっています。

 

 

リフレックスのジェネリック医薬品はまだ発売されていないのが現状になります。

 

 

パニック障害 原因|完治する治療方法のTOPへ戻る

パニック障害を薬を使わないで治療する一番の方法!


関連ページ

エビリファイ
パニック障害の薬、エビリファイについて紹介しています。
ソラナックス
パニック障害の薬、ソラナックスについて紹介しています。
リスパダール
パニック障害の薬、リスパダールについて紹介しています。
ルーラン
パニック障害の薬、ルーランの感想です。
パキシル
パニック障害の薬、パキシルについて紹介しています。
ドグマチール
パニック障害の薬、ドグマチールについて紹介しています。
ジェイゾロフト
パニック障害の薬、ジェイゾロフトについて紹介しています。
レクサプロ
パニック障害の薬、レクサプロについて紹介しています。
リーゼ
パニック障害の薬、リーゼについて紹介しています。
ルジミオール
パニック障害の薬、ルジミオールについて紹介しています。
エチカーム
パニック障害の薬、エチカームについて紹介しています。
ユーパン
パニック障害の薬、ユーパンについて紹介しています。
ロキソニン
パニック障害の薬、ロキソニンについて紹介しています。
デパス
パニック障害の薬、デパスについて紹介しています。