パニック障害 レクサプロ

パニック障害を薬を使わないで治療する一番の方法!


パニック障害の症状、及びレクサプロの作用、副作用について

パニック障害とは俗に言う不安障害の一つです。

 

 

もともと女性がなりやすい不安障害の中でもパニック障害は特にその割合が高く、また患者数も年々増加傾向にあります。

 

 

しかし増加する一方で発見が見過ごしやすく、症状の特徴が日常的に起こりうることの為

 

 

「すぐに治まったのだから気のせい」「ちょっと気分が悪くなっただけ」と見過ごしてしまう可能性があります。

 

 

なあなあにしていると治るものも治らず、下手をすれば悪化して人前に出るのも難しくなり、うつ病の併発を招いてしまうかもしれません。

 

 

そのような事態を避けるためにも、パニック障害の症状とその対処法、及びその際に処方されやすいレクサプロの取り扱いに関しての注意事項をしっかり確認しておきましょう。

 

 

パニック障害とは主に三つの症状に分けられます。第一の症状は「パニック発作」と言って、

 

 

これは全く予想していない時に「唐突な不安の発作」に襲われ、激しい動悸や吐き気、めまいなどを強い不安感、恐怖感とともに覚えます。

 

 

ですがこの発作自体は二、三十分程度で治まりますので、

 

 

パニック障害を見過ごしてしまうのは大抵においてここで「治まったのだから大丈夫だ」と勘違いしてしまうせいにあります。

 

 

しかし、パニック発作は一度の発作時間は短くとも、繰り返しやってくるものです。

 

 

パニック発作の繰り返しを恐れることで生まれてくるのが第二の症状、「予期不安」。予期不安にかかるとパニック発作が人前で出る可能性に怯え、

 

 

その恥ずかしさから引きこもるようになってしまいます。この閉じこもるような行動が第三の症状、「広場恐怖」です。

 

 

上記の症状を持つパニック障害にかかった場合、病院からはレクサプロ錠が処方される傾向にあります。

 

 

レクサプロは今日本で最も新しいSSRIで、副作用が他のSSRIよりも軽いことで知られています。

 

 

起こりうる副作用としては悪心が多いですが数日で治まることが多く、また薬の効果が出るまでも一週間程かかります。それ以上待っても症状が良くならない時は体質と合っていない可能性がありますので、医師と相談する必要があるでしょう。

 

 

TOPページでは、薬をつかない効果的な治療方法を紹介しています。

 

 

パニック障害 原因|完治する治療方法のTOPへ戻る

パニック障害を薬を使わないで治療する一番の方法!


関連ページ

エビリファイ
パニック障害の薬、エビリファイについて紹介しています。
ソラナックス
パニック障害の薬、ソラナックスについて紹介しています。
リスパダール
パニック障害の薬、リスパダールについて紹介しています。
ルーラン
パニック障害の薬、ルーランの感想です。
パキシル
パニック障害の薬、パキシルについて紹介しています。
ドグマチール
パニック障害の薬、ドグマチールについて紹介しています。
ジェイゾロフト
パニック障害の薬、ジェイゾロフトについて紹介しています。
リーゼ
パニック障害の薬、リーゼについて紹介しています。
ルジミオール
パニック障害の薬、ルジミオールについて紹介しています。
エチカーム
パニック障害の薬、エチカームについて紹介しています。
ユーパン
パニック障害の薬、ユーパンについて紹介しています。
ロキソニン
パニック障害の薬、ロキソニンについて紹介しています。
デパス
パニック障害の薬、デパスについて紹介しています。
リフレックス
パニック障害の薬、リフレックスについて紹介しています。