パニック障害 パキシル

パニック障害を薬を使わないで治療する一番の方法!


パニック障害の治療でパキシルの力を最大限引き出すには

パキシルと聞いて、薬剤に詳しい者ならば、精神科で多く処方される抗うつ剤だと答えるでしょう。

 

 

うつでの処方以外にパニック障害、強迫性障害、社会不安障害、外傷性ストレス障害などの処方があります。

 

 

脅迫性障害や社会不安障害や外傷性ストレス障害は、元となる不安要素が特定しやすのに対して、パニック障害は急に強い不安に襲われ発作を繰り返す病気です。

 

 

原因が分かっている場合は対処が早いのですが、パニック障害のように原因が特定できない場合は、原因が分からない事が余計に不安を呼び症状を悪化させてしまう傾向があります。

 

 

動悸やめまいや胸が押しつぶされてしまいそうな不安に襲われた時は、パニック障害を疑って早い段階で医師に相談する事が賢明です。

 

 

パニック障害の治療でパキシルは比較的よく使われる薬です。

 

 

脳内の伝達物質であるセロトニンに作用し、不安や緊張などを改善する働きをします。1日1回夕食後の服用で飲み始め1週間ごとに漸増して服用します。その後は医師の判断で症状を見ながら適宜増減してゆきます。

 

 

薬は体調を改善するために使われますが、その反面副作用も生じます。

 

 

パキシルで多くみられる副作用は吐き気です。

 

 

吐いたから自分にパキシルが合わないのではなく、吐いた事によって自分の適正量を知る事も出来るので、吐き気=副作用だと決めつけて服用を止めるのは間違いです。

 

 

吐き気があった場合はすぐに医師に伝えると、増減または一時中止、他の薬に変更するなど対処してくれます。

 

 

つまり、薬と上手に付き合っていくには、医師や薬剤師と密にコミュニケーションをとっていくことが大事なのです。

 

 

昨今、ネットで検索をすれば、パキシルは良くないとか合わないという書き込みを目にします。

 

 

しかし、それはその患者さんに合わなかっただけか、ちゃんと医師や薬剤師とコミュニケーションをとらずに服用量が適正にならなかった可能性があります。

 

 

パキシルの元々の効能だけでなく、パキシルとの付き合い方を医師と相談する事がお薬の力を最大限引き出す良い治療につながるのです。

 

 

パニック障害 原因|完治する治療方法のTOPへ戻る

 

 

 

パニック障害を薬を使わないで治療する一番の方法!


関連ページ

エビリファイ
パニック障害の薬、エビリファイについて紹介しています。
ソラナックス
パニック障害の薬、ソラナックスについて紹介しています。
リスパダール
パニック障害の薬、リスパダールについて紹介しています。
ルーラン
パニック障害の薬、ルーランの感想です。
ドグマチール
パニック障害の薬、ドグマチールについて紹介しています。
ジェイゾロフト
パニック障害の薬、ジェイゾロフトについて紹介しています。
レクサプロ
パニック障害の薬、レクサプロについて紹介しています。
リーゼ
パニック障害の薬、リーゼについて紹介しています。
ルジミオール
パニック障害の薬、ルジミオールについて紹介しています。
エチカーム
パニック障害の薬、エチカームについて紹介しています。
ユーパン
パニック障害の薬、ユーパンについて紹介しています。
ロキソニン
パニック障害の薬、ロキソニンについて紹介しています。
デパス
パニック障害の薬、デパスについて紹介しています。
リフレックス
パニック障害の薬、リフレックスについて紹介しています。