パニック障害 エチカーム

パニック障害を薬を使わないで治療する一番の方法!


パニック障害治療薬エチカームの効能とは

エチカーム(一般名:エチゾラム)は、東和薬品から販売されている精神安定剤です。

 

 

錠剤をコップ一杯程度の水と一緒に飲んで使用します。配合されている医薬成分がベンゾジアゼピン受容体に反応して、自律神経の過剰な緊張を鎮めてくれる効果があります。

 

 

デバスのジェネリック医薬品であり、うつ、更年期障害、強迫神経症、パニック障害、不眠症など様々な精神疾患の症状改善に活用されています。

 

 

医学的信頼性も高く、頸椎症や腰痛症など筋肉の緊張をほぐす必要のある外科的治療の際に投与されることもあります。

 

 

エチカームは比較的安全性の高い精神安定薬であり、高齢者の方でも安心して服用できるメリットがあります。他の抗鬱剤と比べると若干効果は弱いものの、

 

 

少量でも長時間安定して気持ちを和らげることができるため、穏やかな日常生活をおくりたい方にとって非常に重宝する薬と言えます。

 

 

急な発作に襲われるパニック障害持ちの方は、日頃から携帯しておくと安心です。

 

 

ただし、体質によってはエチカームの服用者にいくつかの副作用が発症する場合があります。生活に支障が出るほどの眠気やだるさを感じるようになったり、

 

 

頭痛や発熱、胃腸障害などの疾患が現れるようになったりします。

 

 

特に、エチカームを大量に服用し続けると薬物依存の症状に陥る可能性があることに注意しなければなりません。

 

 

エチカームを服用しないと不安に駆られたり、時には幻視・痙攣などの深刻な症状が現れることがあります。

 

 

重度の心臓病や神経症を患っている方、その他高所での工事や長時間車を運転するような危険な仕事に就いている方は、

 

 

使用に際して細心の注意を払う必要があります。妊婦さんの場合、子供の健全な発育を守るため、エチカーム服用中は授乳を避けるべきです。

 

 

なお、このような禁断症状は、エチカームの服用量を急激に減らした際に現れることが知られています。

 

 

自己判断で精神安定薬の服用量を変えることは非常に危険なので、エチカームを利用する際は必ず精神科の医師の指導を仰ぐようにしてください。

 

 

パニック障害 原因|完治する治療方法のTOPへ戻る

パニック障害を薬を使わないで治療する一番の方法!


関連ページ

エビリファイ
パニック障害の薬、エビリファイについて紹介しています。
ソラナックス
パニック障害の薬、ソラナックスについて紹介しています。
リスパダール
パニック障害の薬、リスパダールについて紹介しています。
ルーラン
パニック障害の薬、ルーランの感想です。
パキシル
パニック障害の薬、パキシルについて紹介しています。
ドグマチール
パニック障害の薬、ドグマチールについて紹介しています。
ジェイゾロフト
パニック障害の薬、ジェイゾロフトについて紹介しています。
レクサプロ
パニック障害の薬、レクサプロについて紹介しています。
リーゼ
パニック障害の薬、リーゼについて紹介しています。
ルジミオール
パニック障害の薬、ルジミオールについて紹介しています。
ユーパン
パニック障害の薬、ユーパンについて紹介しています。
ロキソニン
パニック障害の薬、ロキソニンについて紹介しています。
デパス
パニック障害の薬、デパスについて紹介しています。
リフレックス
パニック障害の薬、リフレックスについて紹介しています。