パニック障害 エビリファイ

パニック障害を薬を使わないで治療する一番の方法!


パニック障害改善薬 エビリファイの効用まとめ

パニック障害には エビリファイという薬が用いられるのですが下記にパニック障害の状態を和らげるエビリファイについて
まとめてみました。

 

 

エビリファイの一般名はアリピプラゾールと呼ばれており、エビリファイの効能は主にパニック障害などの総合失調症の改善のために
用いられている薬で 2006年に発売されて以来、利用者数は増えつつあります。

 

 

効果としては非定型抗精神病薬として抗セロトニン作用と抗ドーパミン作用があるのですが、
これを簡単に説明すると、脳内にあるドーパミンと呼ばれている神経伝達物質を過剰に摂り過ぎにならないようにブロックするほか
脳内のドーパミンが不足している意欲の低下状態にある時などには適した薬のことです。

 

 

まずエビリファイを服用すると気分が高揚して落ち着かなくなってしまったり、 何もしたくない無気力感に襲われるの他
イライラして集中力に欠ける気分になったり、 気分が落ち込んでしまううつ状態になったり、興味が湧かなくなってしまった場合など
様々な精神症状にエビリファイは応用されていて、強い不安感、緊張感、抑うつ、そう状態等、様々な精神症状に応用されています。

 

 

服用の仕方なのですが用量は、少量より開始し、効果、副作用に注意しつつ段階的に増加してゆく場合もあります。
アルコールも薬の作用を強めてしまうことがある為に原則としては禁止です。

 

 

このことからもエビリファイはパニック障害などの統合失調症の陰性症状と陽性症状の両方に良い効果が結果として挙げられているのですが、
さらに従来の抗精神病薬にあるこわばり状態、震えが止まらないなどの副作用が改善されているというメリットがあるのです。
粉末タイプの他に錠剤もあり人によってですが服用すると不快感が見られるケースもあるようです。

 

 

 

エビリファイの副作用は従来の抗精神病薬に比べてこわばったり震えが来てしまったりなどの副作用が改善はされているのですが、

 

 

 

例としてあげられている副作用としては喉が渇いてしまう、多少のイライラ感が出る、めまいや頭痛、食欲不振、体重減少などが見られています。

 

 

 

服用時には医師の注意事項をしっかり守って服用するようにしましょう。

 

 

TOPページでは、薬をつかない効果的な治療方法を紹介しています。

 

 

パニック障害 原因|完治する治療方法のTOPへ戻る

パニック障害を薬を使わないで治療する一番の方法!


関連ページ

ソラナックス
パニック障害の薬、ソラナックスについて紹介しています。
リスパダール
パニック障害の薬、リスパダールについて紹介しています。
ルーラン
パニック障害の薬、ルーランの感想です。
パキシル
パニック障害の薬、パキシルについて紹介しています。
ドグマチール
パニック障害の薬、ドグマチールについて紹介しています。
ジェイゾロフト
パニック障害の薬、ジェイゾロフトについて紹介しています。
レクサプロ
パニック障害の薬、レクサプロについて紹介しています。
リーゼ
パニック障害の薬、リーゼについて紹介しています。
ルジミオール
パニック障害の薬、ルジミオールについて紹介しています。
エチカーム
パニック障害の薬、エチカームについて紹介しています。
ユーパン
パニック障害の薬、ユーパンについて紹介しています。
ロキソニン
パニック障害の薬、ロキソニンについて紹介しています。
デパス
パニック障害の薬、デパスについて紹介しています。
リフレックス
パニック障害の薬、リフレックスについて紹介しています。