パニック障害 ドグマチール

パニック障害を薬を使わないで治療する一番の方法!


パニック障害とドクマチール

パニック障害とは、脳機能障害の一つです。

 

 

かつては心の病として扱われており、不安神経症とも呼ばれていました。

 

 

パニック障害の症状は、パニック発作や予期不安、広場恐怖、うつ病の併存等があります。

 

 

パニック発作とは、圧迫した環境等、ストレスを感じやすい場所で起こる動機、息切れ、めまいなどの症状です。

 

 

時には空間認知により不安感に襲われます。

 

 

パニック発作に陥る人は、日常的にストレスを溜めこんでいる場合が多いです。

 

 

症状は軽度なものから重度なものまで人それぞれですが、上記に挙げた物の他にも、しびれや吐き気、痙攣や胸の息苦しさ等が感じる場合があります。

 

 

パニック障害の原因は、自分が心理的や身体的に危険だと感じた時に発作を起こす事で顕在意識を確認する事にあります。

 

 

それらは思い込みによる発作の為、完治する事は不可能ともされています。

 

 

パニック障害における治療法には、薬物療法と精神療法の2種類があります。

 

 

精神療法では、医師の心理教育や疾患に対する説明が有効になってきます。

 

 

医師が症状について本人に認知させる事で発作を自分で制御する事が可能になるからです。

 

 

また、認知行動療法が精神療法の中で有効とされます。

 

 

認知行動療法とは、恐れている事を暴露する事や呼吸法が有効で、フアンから逃れるのではなく不安に立ち向かっていく練習を行う事が有効とされます。

 

 

薬物療法において、効果のある薬の一つにドクマチールがあります。

 

 

ドクマチールは1979年から発売されている薬で、本来は胃潰瘍の治療薬として開発された薬でした。

 

 

しかし、高用量で服用する事により、向精神作用があるという事が分かりました。

 

 

そのため統合失調症やうつ病に対する安定剤に用いられ、パニック障害の際にも処方される事は珍しくありません。

 

 

一方で、ドクマチールには副作用もあります。

 

 

副作用の例としては、口の渇きや胸やけ、吐き気や便秘、倦怠感や不眠、めまい等があります。

 

 

女性ホルモンに異常が現れることもある為、妊娠中の人や赤ちゃんへの授乳は避ける方が良いとされます。

 

 

TOPページでは、薬をつかない効果的な治療方法を紹介しています。

 

 

パニック障害 原因|完治する治療方法のTOPへ戻る

パニック障害を薬を使わないで治療する一番の方法!


関連ページ

エビリファイ
パニック障害の薬、エビリファイについて紹介しています。
ソラナックス
パニック障害の薬、ソラナックスについて紹介しています。
リスパダール
パニック障害の薬、リスパダールについて紹介しています。
ルーラン
パニック障害の薬、ルーランの感想です。
パキシル
パニック障害の薬、パキシルについて紹介しています。
ジェイゾロフト
パニック障害の薬、ジェイゾロフトについて紹介しています。
レクサプロ
パニック障害の薬、レクサプロについて紹介しています。
リーゼ
パニック障害の薬、リーゼについて紹介しています。
ルジミオール
パニック障害の薬、ルジミオールについて紹介しています。
エチカーム
パニック障害の薬、エチカームについて紹介しています。
ユーパン
パニック障害の薬、ユーパンについて紹介しています。
ロキソニン
パニック障害の薬、ロキソニンについて紹介しています。
デパス
パニック障害の薬、デパスについて紹介しています。
リフレックス
パニック障害の薬、リフレックスについて紹介しています。