パニック障害 完治

パニック障害を薬を使わないで治療する一番の方法!


パニック障害が完治するまでの期間

パニック障害は完治させるのは難しいという意見もありますが、パニック障害は適切な治療を受ければ必ず完治する病気です。

 

 

しかし完治するまでに長い年月が必要になることもありますし、治療に要する期間をあらかじめ予測することは難しいです。

 

 

パニック障害は風邪のようにこれだけの期間、時間をかければ治るという病気ではなく、
一旦症状が治まり治ったと勘違いされることもありますが、パニック障害の回復には非常に波があります。

 

 

半年間、パニック発作がなく、もうパニック障害が完治したと思っていても突然発作に襲われ落ち込んでしまうかもしれませんが、これはパニック障害が回復していく過程で良くあることのようです。

 

 

パニック障害が完治するまでの期間は非常に個人差がありますが、

 

 

パニック障害の治療を比較的早く開始した場合は治りも早いと言われており、軽症の場合は3ヶ月〜半年程度で治ると言われています。

 

 

一方、治療を開始するまでに時間がかかり、予期不安や広場恐怖の症状が強い場合は治療が長引くケースが多いと言われています。

 

 

症状がなくなってからもしばらくの間、予期不安や広場恐怖はつきまとうようです。

 

 

パニック障害の治療を長引かせない為にも早期発見・早期治療がとても大切なのです。

 

 

パニック障害の治療期間が長く、本当にパニック障害が完治するのか、、、と不安な方もおられると思いますが、

 

 

パニック障害は気長に治療を続けていれば必ず治すことはできる病気です。

 

 

しかしパニック障害を早く完治させようと追い込むと、プレッシャーにもなりますしそれがストレスとなり非常に悪循環です。

 

 

なかなか完治しなくても、日常生活に支障がなく生活できるようになれば完治にこだわって追い込む必要はないのではかと思います。

 

 

焦らずにいきましょう。

パニック障害が完治した

パニック障害の症状は薬を服用すれば数ヶ月間で治まり、徐々に発作の回数も少なくなっていきますが、

 

 

パニック障害につきまとう予期不安が強く、なかなかパニック障害が完治しないという方は多いです。

 

 

薬でなんとか発作は減ってきたけれど、予期不安がつきまとい恐怖や不安感でいっぱい。。。

 

 

パニック発作を頻繁に経験するようになると、

 

 

『発作を起こしたくない』『またこの場所で発作が起こるのではないか』という気持ちが強くなると思いますが、発作に対する不安感から余計に発作を引き起こしてしまうのです。

 

 

そしてその状態を知られたくないと思い、隠そうとすると緊張感や不安感が強くなったり、発作を起こしてはいけないと余計にプレッシャーを感じることで発作が起こりやすくなります。

 

 

つまり発作に対する不安感をなくせばパニック障害を完治させることができます。

 

 

発作は必ず治まりますし、発作で死ぬことは絶対にありません!

 

 

『発作が起こったらどうしよう』ではなく、『発作が起きても必ず治まるし、死ぬことはないんだから大丈夫、大丈夫』と開きなおってしまえば発作は起こりにくくなります。

 

 

しかしパニック障害の方にとって考えすぎて不安にならないようにと言っても、

 

 

『不安感を消したいのに勝手に不安感や恐怖心が襲ってくる』というものだと思いますし、

 

 

予期不安も消そうとすると余計に不安はつきまとうものだと思います。

 

 

不安感を少しでも抑えるようにしようとすると、余計に頭の中で不安を抑えることを考え込んでしまい、益々不安が頭からはなれなくなってしまうのです。

 

 

不安はあなたが不安と闘えば闘うほど、付きまとって離れてくれなくなります。

 

 

しかし不安感に襲われても、『またか、、、でもこれが病気だから仕方ない』というぐらいに気持ちの余裕を持って焦らないこともパニック障害を克服させる上で大切なポイントです。

 

 

テレビを見たり、体を動かしたりなるべく考え込まないようにし、気持ちをそらしてあげることも大切です。

 

 

パニック障害が短期間で完治したというケースは少なく、治療を開始したからといってすぐに治るという病気ではありませんが、たとえ時間がかかっても気長に向き合っていくことで必ず克服することはできます。

 

 

※パニック障害はある程度回復しても、根本的に原因を取り除かないと再発を繰り返します。

 

 

例えばストレスによってパニック障害を引き起こした方は、薬で一時的に症状を抑えることができても、また何らかのストレスになる事があれば必ず再発してしまいます。

 

 

再発を繰り返してしまう方や、治療を続けていても一向に良くならないといった方は根本的に治療が行えていない可能性が高いです。

 

 

パニック障害改善プログラムはココをクリックでは、パニック障害を根本的に治していく治療法もありますので、よろしければ治療の参考になさってみて下さい。

パニック障害の完治方法

パニック障害の治療の基本として薬物療法を取り入れて治療を進めていくことが多いですが、

 

 

ただ処方された薬を飲んでいるだけでパニック障害を治すことは非常に難しく、なかなか克服することはできません!

 

 

パニック障害の治療において、パニック発作を抑えたり、不安を軽減させるといったことは非常に大切で、これは薬を服用することで可能です。

 

 

しかし薬の服用を続けていくことで一見治ったかのように思いますが、薬では症状を一時的に抑えているだけで根本的な治療法とは言えません!

 

 

パニック障害の薬物療法を否定しているのではなく、薬に頼った治療のみで完治させることは困難だということです。

 

 

実際に薬物療法に頼った治療だけでは再発してしまうというケースも多いと言われています。

 

 

パニック障害を完治させるには薬物療法に加え、カウンセリングや認知行動療法なども取り入れて治療を進めていく必要がありますし、

 

 

パニック障害のメカニズムを理解した上で、パニック障害と向き合っていくことも大切です。

 

 

パニック発作を頻繁に経験するようになると、

 

 

『発作を起こしたくない』『またこの場所で発作が起こるのではないか』という気持ちが強くなると思いますが、発作に対する不安感から余計に発作を引き起こしてしまうのです。

 

 

そしてその状態を知られたくないと思い、隠そうとすると緊張感や不安感が強くなったり、発作を起こしてはいけないと余計にプレッシャーを感じることで発作が起こりやすくなります。

 

 

つまり発作に対する不安感をなくせばパニック障害を克服することができます。

 

 

発作は必ず治まりますし、発作で死ぬことは絶対にありません!

 

 

『発作が起こったらどうしよう』ではなく、『発作が起きても必ず治まるし、死ぬことはないんだから大丈夫、大丈夫』と開きなおってしまえば発作は起こりにくくなります。

 

 

またパニック障害の原因は首にある場合もあります。

 

 

デスクワークや日頃の疲れから、首が凝り固まってしまっている場合、首や肩の筋肉が緊張してしまい、

 

 

交感神経と副交感神経のバランスが乱れ、心身ともに様々な不調を引き起こしやすくなります。

 

 

実際にパニック障害の原因は首だということに注目した治療法もあります。

 

 

パニック障害の治療を続けているけれど、これといって効果が得られない場合は首が原因だということも考えられますので、治療の参考になさってみて下さい。

 

 

薬を服用しているけれどパニック障害がなかなか治らない、一度治っても再発を繰り返してしまうという方も根本的な治療を行えていない可能性が高いですから、そのような方にもお勧めの治療法です。

 

こちらから⇒パニック障害改善プログラムはココをクリック

パニック障害は完治しても再発しやすい!

パニック障害には完治はない。

 

 

 

パニック障害は治ったと思っていても再発しやすい病気で、中には一生薬と付き合っていかなければならない人もいる。

 

 

 

などパニック障害について様々な意見が飛び交っていますが、

 

 

 

パニック障害はなかなか完治させるのは難しい病気だと言われています。

 

 

 

パニック障害の治療を続けていき、全く発作が起こらないようになり、パニック障害が治ったと思っていた矢先に突然パニック発作に襲われて再発してしまうというケースは少なくありません!

 

 

 

パニック障害の治療を終えて回復しても、再発を繰り返してしまうというケースも少なくないのです。

 

 

 

しかし、すべての人がパニック障害を再発させるわけではありません!

 

 

 

パニック障害の治療期間や回復するまでの過程は非常に個人差があり、パニック障害が完治する人もいれば、再発する人もいます。

 

 

 

再発する人の多くは、パニック障害の症状が良くなってきたからといってそこで無理をしてしまうというケースが非常に多いようです。

 

 

 

パニック障害はストレスが加わることでも悪化しやすい病気だと言われていますし、

 

 

 

治療でパニック障害の症状が一時的に治っても、その人の生活環境や考え方、感じ方、家庭環境、職場の環境などが変わっていない限りは、またストレスが溜まり再発する可能性はゼロではありません!

 

 

 

そしてパニック障害の前にトラウマがあったり、そのトラウマとなる出来事でフラッシュバックしてしまい、パニック障害を発症するというケースもありますので、

 

 

 

パニック障害を根本的に治療していくことも再発させない為には重要になってきます。

 

 

 

パニック障害の治療には薬物療法は外せませんが、薬に頼った治療だけでは根本的な治療とは言えません!

 

 

 

薬物療法と同時にカウンセリングを取り入れ、ストレスの感じ方や、物事の捉え方などを見直していく必要があります。

 

 

 

パニック障害が治ったと思っていた矢先のパニック発作によって精神的に落ち込んだりしてしまうかもしれませんが、

 

 

 

パニック障害は一気に治るのではなく、回復には非常に波があり、治療には一般的に2 〜3年という長い年月が必要だと言われています。

 

 

 

パニック障害は根気よく治療をして付き合っていくことが大切な病気だということを理解しておいて下さい。

 

 

 

またなかなかパニック障害が完治しないという方もおられますが、症状が軽くなれば日常生活にはほとんど支障をきたさないようになりますので、完治にこだわって自分を追い込む必要はないのではないかと思います。

 

 

 

絶対に完治させようと思うとそれがプレッシャーになり、それがストレスになり症状が悪化してしまうという悪循環を招きやすいです。

 

 

 

※パニック発作は、今ここで発作が起きたら困ると不安に思うほど発作が起きやすいようです。

 

 

 

特に運転中の渋滞や、電車やバスの中、会議中などの逃げ場がない時に起こりやすいと言われていますが、

 

 

 

パニック障害の方の中には精神安定剤や頓服薬を常に持ち歩くだけで安心するという方も多いようですから、自分が安心できる方法も探してみて下さい。

 

 

 

『パニック障害が再発したらどうしよう』と考えてしまうと、その不安が原因で再発するかもしれませんので、再発を恐れないことも重要なポイントです。

 

 

 

完璧に完治する方法はこちらから⇒パニック障害改善プログラムはココをクリック

パニック障害を薬を使わないで治療する一番の方法!