パニック障害 原因

パニック障害を薬を使わないで治療する一番の方法!


パニック障害の原因は脳にある?

パニック障害の原因についてははっきりと解明されていないものの、脳内の神経伝達物質のバランスが崩れることも影響しているのではないかと考えられています。

 

 

脳内のセロトニンとノルアドレナリンのバランスが崩れることでパニック障害が引き起こされやすくなります。

 

 

セロトニンにはほかの脳内神経伝達物質の情報をコントロールし、興奮を抑え精神状態を安定させる働きがあります。

 

 

ノルアドレナリンには不安や恐怖感を引き起こし、血圧や心拍数を上げる働きがあるのですが、この2つの神経伝達物質が乱れることによって、パニック障害は起こると考えられています。

 

 

パニック障害の治療には主に神経伝達物質のノルアドレナリンとセロトニンのバランスを改善する薬物療法が取り入れられ、

 

 

脳内のセロトニンの分泌量を増やす治療を行うと、パニック障害の改善効果がみられると言われています。

 

 

パニック障害の薬物療法では『SSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)』『抗不安薬』『三環型抗うつ薬』などが使われます。

 

 

薬で神経伝達物質の乱れを整えることでパニック障害は改善されていきます。

 

 

薬物療法に加え必要に応じて心理療法を取り入れ治療を進めていくこともあります。

 

 

パニック障害は何の前触れもなくある日突然発作に襲われます。

 

 

パニック発作を頻繁に経験するようになると「また発作が起きたらどうしよう、、、」と再発を心配するあまり、外出することが困難になったり、次第に日常生活に支障をきたすようになります。

 

 

予期不安を強くしない為にも発作を経験したら、早めに心療内科や神経科を受診し適切な治療を受ける必要があります。

 

 

パニック障害の治療には時間はかかりますが、早期発見・早期治療を行うと治るのも早いと言われています。


パニック障害の原因、子供編

パニック発作はある日突然何の前触れもなく襲ってきます。

 

 

基本的にパニック障害は20代〜30代の女性に多くみられる病気とされていますが、子供が発症するというケースも少なくありません。

 

 

実際にパニック障害で苦しんでいる小中学生も沢山います。

 

 

子供の場合も症状が悪化すると予期不安や広場恐怖によって、バスや電車に乗ることが困難になり日常生活に支障をきたすようになりますし、

 

 

学校に行っても教室に行けずに保健室登校になるケースもあります。

 

 

子供のパニック障害の症状としては呼吸困難に陥ったり、動悸が激しくなる、めまいを感じる、吐き気など大人が感じるパニック障害と同じような症状が引き起こされます。

 

 

子供がパニック障害を発症する原因についてですが、まず大人のパニック障害の原因と同じく脳内の神経伝達物質の乱れやストレスによって引き起こされると考えられています。

 

 

特に子供は過剰なストレスに敏感で、叱られることによるストレスが原因となり、パニック障害を発症してしまうケースもあります。

 

 

そして、いじめ、受験に失敗、身近な人の死、ペットの死、両親の離婚など、、、ショックとなる出来ごとが発症の原因になることもあります。

 

 

また親がパニック障害の病歴を持っていたり、パニック障害を患っている場合は遺伝の確率が高いと言われています。

 

 

幼い子供のパニック障害は軽視されがちですが、パニック障害の疑いがある場合は早期に治療を開始する必要があります。

 

 

心理療法などを取り入れ、パニック障害の原因となっているものをゆっくりと取り除いていくなど心のケアが必要になってきます。

 

 

パニック障害は早期に適切な治療を開始すると比較的治りやすいと言われていますので、早期発見・早期治療が治療を長引かせない為にも重要なポイントです。

パニック障害の原因、仕事で!?

パニック障害の原因は未だに解明されていませんが、身体的、精神的なストレスによってパニック発作を誘発しやすくなると言われています。

 

 

パニック障害とストレスには大きな関係があります。

 

 

ストレスは人によって程度が違いますし、ストレスの感じ方も異なり、同じような状況でストレスを強く感じる人もいれば、それほどストレスに感じない人もいます。

 

 

ストレスに弱い体質の人であったり、仕事などで常にストレスを感じてしまう人はパニック障害になりやすい傾向にあると言われています。

 

 

パニック障害はある日突然、何の前触れもなく発作に襲われることから発症します。

 

 

最初のうちは発作も少なく、軽視しがちですがパニック障害の症状がありながら、

 

 

仕事が忙しく睡眠不足が続いたり、心身ともに疲労が蓄積されていくとパニック発作を誘発しやすく、症状の悪化に繋がります。

 

 

頻繁にパニック発作を経験するようになると、予期不安や広場恐怖が生じ日常生活に支障をきたすようになります。

 

 

電車やバスで通勤している人にとっては、職場に行くことが困難になり、仕事を続けるのが困難になるといったケースも少なくありません。

 

 

パニック障害で仕事を続けるか、続けるためにはどうしたら良いかと深刻に悩んでしまうと思いますが、医師の診断書があればパニック障害で休職を求めることは可能です。

 

 

無理に働き続けることで症状を悪化させてしまうというケースも少なくないですし、悪循環に陥る可能性は否定できません!

 

 

そして仕事によるストレスがパニック障害の原因となっている場合は、一旦その環境から距離を置くことも大切なことです。

 

 

仕事の事が気になってしまう気持ちも理解できますが、まずはパニック障害の治療を優先するべきだと思います。

 

 

休職とまではいかなくても、残業や仕事の時間が長過ぎだりする場合は仕事時間を調整してもらえないかなどの相談をし、勤務時間などを見直してもらうという選択肢もあります。

 

 

パニック障害は薬物療法を開始したからといってすぐに治るような病気ではなく、治療には時間がかかる病気です。

 

 

パニック障害の治療には時間はかかりますが、治療を続けていれば必ず改善されていきますので、焦らずに長期的に治療を続けていく必要があります。


パニック障害の原因は親にもある?!

パニック障害は過労や睡眠不足、風邪などの身体的な悪条件、日常生活上のストレスなどが発症や発作の誘因になると言われていますが、環境や性格も発症の一因とされています。

 

 

パニック障害になりやすい環境として、幼少期に育ってきた環境も影響するのではないかと考えられています。

 

 

必ずしも親の育て方や躾が原因というわけではありませんが、発症の一因として少なからず影響しているのではないかと考えられています。

 

 

まず幼少期に厳しい躾や虐待などを経験した場合にパニック障害になってしまうというケースです。

 

 

幼少期に強いストレスを感じるような環境で育つとパニック障害を発症しやすくなる傾向にあるそうです。

 

 

両親からの厳しい躾によって、親に対する不満などの感情を上手く伝えることが出来ずに、無意識に抑えるクセがついてしまい、なんでも親の言いなりになるようになります。

 

 

そして自分の意見を伝えることができないので、内向的になったり内側に溜め込みストレスをうまく解消できないようになります。

 

 

しかし限界に達すると、溢れだした不安や怒りが徐々に蓄積され、大人になった時に突然パニック障害を発症してしまうのです。

 

 

次第に何かあっても自分で何とかしようとする様になり、悩みやストレスを感じる出来ごとがあっても誰にも相談せずに自分で抱え込んでしまい、パニック障害を引き起こしやすくなります。

 

 

厳しい躾や虐待以外に、両親の離婚、死別などの喪失体験、充分な愛情を与えられなかった人が発症しやすいという報告もあります。

 

 

また子供に対して、過剰に不安を感じていたり、過保護な場合も発症しやすいと言われています。

パニック障害の原因、恋愛編!

パニック障害に前触れはなくある日突然、動悸や呼吸困難などの症状に襲われることから始まります。

 

 

パニック障害はストレスや疲労がたまると起こりやすく、

 

 

頻繁に発作を経験するようになると、いつまた発作が起こるのかという不安に日常的に悩まされ、パニック障害からうつ病を招くといったケースも少なくありません。

 

 

パニック障害の原因についてははっきりと解明されていないものの、脳内の神経伝達物質のバランスが崩れることも影響しているのではないかと考えられています。

 

 

セロトニンにはほかの脳内神経伝達物質の情報をコントロールし、興奮を抑え精神状態を安定させるという働きがありますが、セロトニンの分泌量が不足することで精神状態も不安定になります。

 

 

何らかの過度なストレスが引き金となって、脳内のセロトニンとノルアドレナリンのバランスが崩れることでパニック障害が引き起こされやすくなります。

 

 

大切な人との死別や失恋、浮気、離婚など恋愛でストレスとなるような出来事が起こったりすると心に傷跡が残りパニック障害の発症の引き金となることもあります。

 

 

実際に夫の浮気が原因となり、妻がパニック障害を患ってしまったというケースもありますし、その逆のケースもあります。

 

 

パニック障害は失恋や浮気、離婚など恋愛でストレスとなる出来事が起こった場合に発症することもありますが、一方で恋愛することでパニック障害の症状が安定することもあります。

 

 

恋愛する事でアドレナリンが活発に分泌され、体の機能が活性化され、脳内に良い影響を与えるようです。

 

 

パニック障害の治療の基本として薬物療法があげられますが、薬に頼った治療だけで改善されるというものではありません!

 

 

カウンセリングや暴露療法を同時に取り入れながら治療を進めていく必要があります。

パニック障害の原因はセロトニン不足?!

パニック障害の原因については未だに解明されていませんが、脳内の神経伝達物質のバランスの乱れによって起こるのではないかという説もあります。

 

 

脳内の神経伝達物質であるセロトニンやノルアドレナリンのバランスが崩れることでパニック障害が引き起こされるのではないかと考えられています。

 

 

セロトニンは精神面に大きな影響を及ぼす物質ですが、そのセロトニンが不足することで

 

 

気分が優れなかったり、不安感が強くなったりと様々な不調が現れやすくなります。

 

 

パニック障害に限らずに、セロトニン不足は鬱病や睡眠障害などの精神疾患を引き起こす原因ではないかと考えられています。

 

 

パニック障害にはセロトニンの量をコントロールしたり、セロトニン神経を鍛えることで症状の改善に繋がると考えられており、

 

 

パニック障害の薬物療法では脳内のセロトニンの量を増やす薬を使われます。

 

 

パニック障害の症状を軽減させる効果はもちろん、パニック障害が完治してからも一定期間、服用を続けることで再発防止にも効果があります。

 

 

パニック障害の治療には薬物療法は外せませんが、残念ながら薬物療法のみでパニック障害が完治するわけではありません!

 

 

薬物療法に加え、心理療法や認知行動療法を組み合わせることで治療の効果が上がると言われています。

 

 

ただ認知行動療法は自ら治療するための努力が必要になってきます。

 

 

またパニック障害はセロトニン不足も少なからず影響しているようなので、セロトニンを増やすように心掛けることも大切ではないかと思います。

 

 

・早寝早起きなどの規則正しい生活
・朝起きたら太陽の光を浴びる⇒セロトニンが増えるのはもちろん、体内時計がリセットされます。
・バランスの摂れた食事
・よく噛んで食べる
・適度な運動⇒ウォーキングやジョギングなど一定のリズムを刻むような運動はセロトニンが沢山分泌されます。
・ストレスを溜め込まずに発散する
・疲れを溜め込まないようにする

 

 

などなど日常生活の中で取り入れられそうなことから始めていくことをお勧めします。

 

 

ちなみにパニック発作に突然襲われることが多いかと思いますが、水や飴、ガムなどを常備しておいて、発作が起きそうな時や不安感が強い場合に飴やガムなどを口に入れ、紛らわすだけでも多少気分は落ち着きますよ。

 

 

実際に発作が起きそうな時に冷たい水を飲めば発作が治まる事が多いという方もおられます。

パニック障害の原因は首にもある!効果的な治療方法

パニック障害は過労や睡眠不足、かぜなどの身体的な悪条件、日常生活上のストレスなどが発症や発作の誘因になると言われていますが、実はパニック障害は首にも大きな関係があります。

 

 

過労や姿勢が悪い、精神状況などによって首の筋肉が凝っていたり、筋肉が緊張してしまうことで

 

 

脳内の神経伝達物質の働きが低下しパニック障害やうつ病などの精神疾患を誘発しやすくなると言われています。

 

 

脳に血液や酸素、栄養を届けるには首を通りますが、通り道である首の筋肉が酷く硬直してしまうことで、脳へ血液や酸素、栄養を充分に届けられなくなり、

 

 

脳の機能が充分に働かずに脳の病気を引き起こしやすくなると考えられており、その結果パニック障害などの症状として現れるのです。

 

 

首の筋肉が硬くなってしまうことで、交感神経と副交感神経のバランスも崩れやすくなります。

 

 

首の筋肉が硬くなってしまっている人は、耳鳴り、頭痛、吐き気、めまいなどの症状が現れやすくなります。

 

 

ちなみに首の筋肉の凝りからからくるめまいは頚性めまいと言われており、ふわふわとしためまいが特徴です。

 

 

パニック障害は薬物療法を行うと症状を軽減させることはできますが、パニック障害の発症の原因となったものを取り除かないと根本的な治療にはならず、なかなか治らなかったり、一度治っても再発を繰り返します。

 

 

パニック障害の原因として首の筋肉の緊張や歪みが考えられる場合は、これらを改善していく必要があります。

 

 

実際にパニック障害の原因として、首や肩の凝りなどに注目して指導を行っている病院もあるそうです。

 

 

特にデスクワークの方は首や肩の凝り、つまりを感じやすくなっています。

 

 

長時間デスクワークする場合は、背中や首に負担がかからない姿勢で行ったり、一時間に一回は休憩をはさみ軽くストレッチを取り入れてみて下さい。

 

 

パニック障害は首を正常に戻す事で改善する病気と言われています。

 

 

心療内科等に行くと、薬を処方される事が大半です。しかし、薬の副作用や依存で悩まされている人が数多くいるのも事実です。

 

 

下記の「パニック障害改善プログラム」は一切薬を使わないで確実に治療できるので自信を持っておすすめします。

 

 

万が一、効果がなかったら全額返金保証がついているのは、先生の自信の証です。

 

 

1日も早く、下記の方法でパニック障害を克服してくださいね。

 

 

パニック障害改善プログラムはココをクリックしてください

 

 


パニック障害を薬を使わないで治療する一番の方法!